今年の支部行事

今年度既に支部で実施された行事を紹介します。

令和元年5月6日(月・祝)午前10時〜午後5時

『多摩の名刀展』を東京都昭島市のフォレスト・イン昭和館で行いました。今年のゴールデンウィークは令和天皇の即位があったことにより、10連休と超大型連休となりました。この連休を利用して多くの方が旅行等の計画を立て楽しんだことでしょう。そうした中、連休最終日の開催となり連休の最後は近場で楽しく過ごせればとの開催です。
主催は昭和の森芸術文化振興会ですが、東京多摩支部との共催の形で行われ、一昨年同様、多数の来場者を迎えることが出来ました。出展物は刀剣が42振りで、他には、刀装・刀装具及び甲冑・火縄銃等を展示しました。午前10時の開場と同時には多くの方に来場頂き、ケーブルテレビの取材等もあり盛況でした。また、午後からは、苅田副支部長による、郷土刀である下原刀についての講演も行い、地域の芸術文化振興に相応しい刀剣展とすることが出来ました。主催者の昭和の森芸術文化振興会様には感謝申し上げます。

令和元年5月3日(日)午後1時30分〜午後5時 平成31年度定期総会

会員持参刀剣の鑑賞会及び平成31年度の定期総会を行いました。
鑑賞会は、会員持参の刀剣類を鑑賞させて頂き、鑑賞後は刀剣持参者による解説がありました。本日は、ゴールデンウィーク中であり、特に今年は10連休と言うこともあり、各自予定がお有りのことで参加者は少な目でした。鑑賞刀は、短刀:源正雄・鎌倉時代の短刀と思われる中心・刀:固山宗平・刀:無銘(長船義景)・刀:飛騨守氏房、小道具として唐獅子の意匠で纏めた、目貫・小柄が数点、そして、縁・頭を鑑賞しました。
終了後には、定期総会を開催し、また、多摩の名刀展の打ち合わせも行いました。

平成31年4月21日(日)午後130分時〜

役員会を開催致しました。
議事は平成30年度の事業報告・決算、平成31年(令和元年)度の事業計画・予算等を、5月3日の定期総会に向け打ち合わせを行いました。
終了後は、引き続き、5月6日に行われる「多摩の名刀展」の役員会を行いました。

ページのトップへ戻る