ナビゲーション

現代刀

刀匠小澤茂範が鍛え打つ、相州秋広写し。

小澤茂範作現代刀・相州伝脇差の全身 小澤茂範作現代刀・相州伝脇差の元 小澤茂範作現代刀・相州伝脇差の鋒

刃長  一尺四寸六分
元幅  一寸一分
元重ね 二分


相州住茂範作  秋廣写し

■価格65万円
(白鞘入り・金着せ一重ハバキ)
南北朝期の相州伝 平造り脇差
刃紋は皆焼(ひたつら)
沸出来 映りあり

■中心・刃紋について相州中心
通常は相州中心になります
刃紋は裸焼きのため、写真と同じではありません

■プロフィール
本名:小澤茂範(おざわしげのり)小澤茂範の顔
神奈川県在住
昭和42年生まれ
高野行光弟子
平成17年作刀許可
日本美術刀剣保存協会の現代刀展で入選多数
現在、裸焼きを始めとする新しい手法に挑戦している


刀・短刀・脇差

各種御注文お待ちしています

姿・刃紋など、お客様の要望に応じて製作致します
ご相談ください
*中心(なかご)にお名前入れられます
(例)為 刀剣太郎

価格

小澤茂範作現代刀・短刀

短刀(白鞘・銀ハバキ)40万円前後
刀(白鞘・銀ハバキ)90万円前後

長さに応じた値段になります
見積をご依頼ください


小澤茂範作現代刀・大板目鍛え地鉄 小澤茂範作現代刀・丁子乱れ刃紋

居合用刀

刃長・重さ・反りなど御指定ください

小澤茂範作現代刀・居合刀

刃紋は直刃、または、のたれ
玉鋼製、小板目肌
拵え入り 65万円前後

長さ・拵えに応じた値段になります
見積をご依頼ください


*価格は平成28年4月現在のものです


ページのトップへ戻る