ナビゲーション

脇差:加賀守貞則

クリックで拡大貞則銘の中心写真

商品説明

刀剣番号:KB-7035

特徴:加賀守貞則は生国が肥後菊地で、大坂に出て井上真改の門人となり、のち内藤家に抱えられて磐城に移住します。作品は沸・匂の深い互の目乱れや、湾れを焼いております。銘も時代により楷書や草書など変遷しています。
本刀は、脇差としては長寸で、身幅広く、重ね厚く、中鋒で、頑丈な姿を現しております。地鉄は板目肌で、刃紋は焼刃高く、互の目乱れ、腰の開いた互の目・尖り刃・矢筈風の刃等を交え、処々鎬におよび、沸よくつき、砂流し長くよくかかり、湯走り・飛焼が入り華やかに乱れます。帽子は直ぐに丸く深く返ります。中心は生ぶ、目釘孔一個、鑢目は化粧に筋違です。本刀には鑑定書は付いてなく、銘の保証は出来ませんが、寛文新刀姿を現した本刀は、刀に迫る大脇差で、頑丈な姿で、キズ、錆、曲がり等なく、研ぎの状態も良好で、地刃共に健全な大脇差です。鞘書きは、「鈴木加賀守貞則 刃長壱尺九寸五厂有之 昭和甲寅年仲秋吉日 寒山誌花押」 とあります。本刀は偽銘であっても、ボロ刀と云うわけではありません。

詳細データ
  • 銘文:鈴木加賀守貞則
  • 時代:江戸時代前期 寛文頃
  •  :摂津(大阪府)
  • 地鉄:板目
  • 刃紋:互の目乱れ
  • 中心:生ぶ 目釘孔一個
  • 登録: 平成三年 東京都
  • 鑑定書:無し 銘不可
  • 長さ:57.7cm
  • 反り:1.1cm
  • 元幅:2.93cm
  • 元重ね:0.68cm
  • 先幅:2.25cm
  • 先重ね:0.56cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:ハバキ、白鞘、登録証
  • 商品番号:KB-7035
  • 価格:−
売却済み品切れ

詳細画像

白鞘 加賀守貞則の脇差・1差表全身画像 加賀守貞則の脇差・2差表先 加賀守貞則の脇差・3差表 加賀守貞則の脇差・4差表 加賀守貞則の脇差・5差表 加賀守貞則の刃紋・6差表 加賀守貞則の脇差・7差裏全身画像 加賀守貞則の脇差・8差裏先 加賀守貞則の脇差・9差裏 加賀守貞則の脇差・10差裏 加賀守貞則の脇差・11差裏 加賀守貞則の脇差・12中心棟 加賀守貞則の脇差・13ハバキ付棟 加賀守貞則の脇差・14鋒棟 加賀守貞則の脇差・15差表地鉄

ページのトップへ戻る