ナビゲーション

脇差:相州広重

クリックで拡大廣重銘の中心写真

商品説明(委託品)

刀剣番号:KB-7053

本刀は、平造り、庵棟の寸延び短刀で、反りがややつく姿形をしています。地鉄は板目に流れ肌が交じりやや肌立ち、刃紋は直刃で、刃肌が立ち、締まり心に小沸がつきます。帽子は直ぐに先大丸風に返ります。本脇差は鞘書があり、その中で『珍品也』と書かれているとおり、あまり知られていない刀工のようで、研究の余地があります。刀身は研ぎ疲れがありますが、錆はありません。また、ハバキと鞘の鯉口にガタつきがあります。激安価格となっておりますので、相州物を研究されるにもよいでしょう。

詳細データ
  • 銘文:相州住廣重
  • 時代:江戸時代初期
  •  :相模(神奈川県)
  • 地鉄:板目
  • 刃紋:直刃
  • 中心:区送り 目釘孔一個
  • 登録: 昭和四十一年 石川県
  • 鑑定書:無し
  • 長さ:31.3cm
  • 反り:0.3cm
  • 元幅:2.8cm
  • 元重ね:0.54cm
  • 先幅:2.3cm
  • 先重ね:0.44cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:ハバキ、白鞘、登録証
  • 商品番号:KB-7053
  • 価格:−
売却済み品切れ

詳細画像

白鞘 相州住広重の脇差・1差表全身画像 相州住広重の脇差・2差表先 相州住広重の脇差・3差表 相州住広重の脇差・7差裏全身画像 相州住広重の脇差・8差裏先 相州住広重の脇差・9差裏 相州住広重の脇差・12中心棟 相州住広重の脇差・13ハバキ付棟 相州住広重の脇差・14鋒棟

ページのトップへ戻る