ナビゲーション

脇差:丹後守重常

クリックで拡大重常銘の中心写真

商品説明

刀剣番号:KB-7101

初代丹後守重常は本国は播州北宅庄で、美濃から越前丸岡に移住してきた兼常の門人となり、越前豊原に住し後加州に住します。江戸時代の寛文頃に活躍した刀工です。また二代重常に丹波守重常がいて、越前豊原で鍛刀しています。
本刀は、身幅尋常で重ね厚く、元先の幅差やや開き、反り浅くついた所謂寛文新刀姿をしています。地鉄は板目、刃紋は小互の目に丁子・尖り刃を交え小乱れとなり、細かな砂流しかかり、足よく入り、刃縁は元から先まで小沸がよくついて上手です。帽子は直ぐに丸く深く返ります。中心は生ぶ、鑢目は勝手下がり、目釘孔一個、中心棟は角棟となります。また、ハバキには鷹羽違いの家紋が彫られています。本刀は初代丹後守重常の大変出来の良い作ですが、刃区に欠けがあり、また若干ヒケがあります。直刃や単調な互の目の刃紋に比べ刀の出来から見てもお買得なお値段になっております。

詳細データ
  • 銘文:丹後守藤原重常
    越前於豊原
  • 時代:江戸時代前期 寛文頃
  •  :越前(福井県)
  • 地鉄:板目
  • 刃紋:互の目丁子
  • 中心:生ぶ 目釘孔一個
  • 登録: 昭和四十年 東京都
  • 鑑定書:無し
  • 長さ:56.0cm
  • 反り:0.9cm
  • 元幅:2.93cm
  • 元重ね:0.76cm
  • 先幅:2.33cm
  • 先重ね:0.57cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:ハバキ、白鞘、登録証
  • 商品番号:KB-7101
  • 価格:−
売却済み品切れ

詳細画像

白鞘 銘・丹後守重常・表全身画像 丹後守重常の脇差・差表先 丹後守重常の脇差・差表2 丹後守重常の脇差・差表3 丹後守重常の脇差・差表中心 丹後守重常の脇差・差表側刃紋 丹後守重常・裏全身画像 丹後守重常の脇差・差裏先 丹後守重常の脇差・差裏2 丹後守重常の脇差・差裏3 丹後守重常の脇差・差裏中心 丹後守重常の脇差・鋒棟 丹後守重常の脇差・中心棟 丹後守重常の脇差・ハバキ棟

ページのトップへ戻る