ナビゲーション

脇差:無銘

クリックで拡大無銘の中心写真

商品説明(委託品)

刀剣番号:KB-8072
脇差拵え付

この脇差は身幅尋常にして重ね厚く、刃長は59.5cm(一尺九寸六分)とあと約1cm長ければ刀になる大脇差です。刀身は光ってはいますが、全体的に錆び跡やヒケがあるため地鉄は不明ですが、刃紋は高低のある互の目に尖り刃が交じり、砂流しかかり匂口はふっくらとしています。本刀には変わり塗り鞘の打刀拵えが付いており、栗形が鯉口近くにあって落とし差し用に敢えて作らせたものか興味のあるところです。刀身も外装の拵えも一般的な脇差とは趣を異にして派手な塗りである処から、粋な町人の差し料であったと思われます。無銘ではありますがやはり注文で作らせたものでしょう。
(小キズがあります)

詳細データ
  • 銘文:無銘
  • 時代:江戸時代
  •  :不明
  • 地鉄:不明
  • 刃紋:互の目に尖り刃交じる
  • 中心:生ぶ 目釘孔一個
  • 登録: 平成七年 東京都
  • 鑑定書:無し
  • 長さ:59.5cm
  • 反り:1.05cm
  • 元幅:2.8cm
  • 元重ね:0.72cm
  • 先幅:2.16cm
  • 先重ね:0.55cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:ハバキ、脇差拵、登録証
  • 商品番号:KB-8072
  • 価格:−
売却済み品切れ

詳細画像

無銘の脇差・全身画像表 無銘の脇差・差表先 無銘の脇差・差表2 無銘の脇差・差表3 無銘の脇差・差表中心 無銘の脇差・刃紋 無銘の脇差・全身画像裏 無銘の脇差・差裏先 無銘の脇差・差裏2 無銘の脇差・差裏3 無銘の脇差・差裏中心 無銘の脇差・中心棟 無銘の脇差・ハバキ 無銘の脇差・鋒 無銘の拵え・全身表 無銘の拵え・全身裏 無銘の拵え・表1 無銘の拵え・裏1 無銘の拵え・表2 無銘の拵え・裏2 無銘の拵え・表3 無銘の拵え・裏3 無銘の鍔

ページのトップへ戻る