ナビゲーション

刀:佐々木一流斎貞俊

クリックで拡大貞俊銘の中心写真

商品説明

刀剣番号:KA-510501
半太刀拵え付

佐々木貞俊は陸奥(宮城県)の刀工で新々刀中上作として有名です。貞俊は水戸東条庄高田の臣で水戸烈公(水戸家九代藩主・徳川斉昭)の御抱鍛冶と云われ幕末に活躍した刀工で、後に仙台の涌谷へ移住し一流斎と号し、佐々木一流斎源貞俊作と銘を切ります。また、銘では「源」の字を「厂」に中を「泉」と切る処に特徴があります。
本作は、やや寸が詰まりながらも身幅・重ね共に十分あって、元に生ぶ刃を残し踏張りがあり、表裏に横手上より樋を掻き通しており、バランスのとれた姿の良い刀です。烈公の独特な肌物鍛えで知られている地景を強く出した「八雲鍛」に通ずるものか、地鉄はよく錬れた小杢目肌に地景が頻りに入り肌物鍛えが美しく現れます。刃紋は直刃調の小乱れで、刃縁は沸が盛んに地景に絡んで刃肌が立ち出来は優れていて良い刀です。また、外装は半太刀拵がついており、金具は鉄の一作であり、鞘は変わり石目塗りの渋好み者によい造りです。研ぎはこのままでも大丈夫ですが古研ぎであるためお値段に反映させて頂きます。

詳細データ
  • 銘文:佐々木一流斎源貞俊真十五枚太平伏造
    陸奥東山津谷川荒谷沢山以出鐵作之
  • 時代:江戸時代末期
  •  :陸奥(宮城県)
  • 地鉄:小杢目肌
  • 刃紋:直刃調小乱れ
  • 中心:生ぶ
  • 登録:平成十二年 茨城県
  • 鑑定書:無し 銘保証無し
  • 長さ:64.4cm
  • 反り:1.2cm
  • 元幅:3.11cm
  • 元重ね:0.76cm
  • 先幅:2.34cm
  • 先重ね:0.6cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:ハバキ、半太刀拵(白鞘無し)、登録証
  • 商品番号:KA-510501
  • 価格:−
売却済み品切れ

詳細画像

日本刀・佐々木貞俊の刀身
日本刀・佐々木貞俊の刃文
日本刀・佐々木貞俊の拵

他の佐々木貞俊一派の刀工を見る ページのトップへ戻る