ナビゲーション

刀:繁慶

クリックで拡大繁慶銘の中心写真

商品説明(委託品)

刀剣番号:KA-511091
打刀拵え付

特徴:居合向き
繁慶は三河より江戸に出て鉄砲鍛冶として大成しましたが、後、刀鍛冶に転向しています。新刀最上作として有名です。この刀には繁慶と銘がありますが、正しい銘ではないでしょう。それでも、黒呂色塗り鞘の打刀拵えが付いており、鍔は鶴を透かしにした南蛮鍔です。特に鯉口には鞘割れ防止の補強金具が使用された鞘であり、居合用としても安心して鞘を払えます。
刀身画像でハバキ元の黒色部は砥石を当てた跡があり光っています。

詳細データ
  • 銘文:繁慶
  • 時代:-
  •  :-
  • 地鉄:無地風
  • 刃紋:互の目乱れ
  • 中心:生ぶ、目釘孔一個
  • 登録:昭和三十九年 愛媛県
  • 鑑定書:無し(銘不可)
  • 長さ:69.2cm
  • 反り:2.1cm
  • 元幅:3.12cm
  • 元重ね:0.72cm
  • 先幅:2.38cm
  • 先重ね:0.53cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:銅一重ハバキ、打刀拵、登録証
  • 商品番号:KA-511091
  • 価格:−
売却済み品切れ

詳細画像

刀身表全体
刀身表拡大1
刀身表拡大2
刀身表拡大3
刀身表拡大4
刀身表拡大5
刀身裏全体
刀身裏拡大1
刀身裏拡大2
刀身裏拡大3
刀身裏拡大4
刀身裏拡大5
刃紋拡大
鋒棟拡大
中心棟拡大1
中心棟拡大2
繁慶の拵全身表
繁慶の拵表拡大1
繁慶の拵表拡大2
繁慶の拵表拡大3
繁慶の拵全身裏
繁慶の拵裏拡大1
繁慶の拵裏拡大2
繁慶の拵裏拡大3

ページのトップへ戻る