ナビゲーション

脇差:越前康継

クリックで拡大康継銘の中心写真

商品説明

刀剣番号:KA-520161
脇差拵え付

特徴:越前三代の康継は、初代康継の三男です。二代康継歿後に相続争いがおこり、康継家は江戸と越前に分かれ、二代の子が江戸、初代の三男が越前で康継家を創立しました。
本刀の刀身は詰んだ地鉄に湾れに互の目を交えた刃文を焼き、足がよく入り細かな砂流し掛かり、よく働いています。
また、附属の拵えは特別貴重に認定されたもので、金具は朧銀に唐草文の一作です。鞘の塗りも朧銀に合わせるように渋い色調でまとめています。鍔は鉄地に唐草文様で、笄櫃は黄銅で埋め、小柄櫃は同じく黄銅の詰め物がありよい鍔です。柄と鞘の金具が同じ作りで遺っている拵えは近年少なく大変貴重となっています。

詳細データ
  • 銘文:康継於越前作之
  • 時代:江戸時代 寛文頃
  •  :越前
  • 地鉄:小板目に流れ肌交じる
  • 刃紋:湾れに互の目交じる
  • 中心:生ぶ、目釘孔一個
  • 登録:昭和四十一年 群馬県
  • 鑑定書:貴重刀剣、特別貴重小道具
  • 長さ:45.2cm
  • 反り:1.1cm
  • 元幅:3.12cm
  • 元重ね:0.67cm
  • 先幅:2.42cm
  • 先重ね:0.45cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:銅一重ハバキ、脇差拵、鑑定書、登録証
  • 商品番号:KA-520161
  • 価格:−
売却済み品切れ

詳細画像

刀身の鑑定書
拵の鑑定書
刀身表全体
刀身表拡大1
刀身表拡大2
刀身表拡大3
刀身裏全体
刀身裏拡大1
刀身裏拡大2
刀身裏拡大3
刃紋拡大
鋒棟拡大
中心棟拡大1
中心棟拡大2
康継の拵全身表
康継の拵表拡大1
康継の拵表拡大2
康継の拵全身裏
康継の拵裏拡大1
康継の拵裏拡大2

ページのトップへ戻る