ナビゲーション

脇差:大磨上げ無銘

クリックで拡大無銘の中心写真

商品説明

刀剣番号:KA-520504

大磨上げ無銘の脇差です。刃長は59.8cmもある大脇差で、あと0.8mmあれば刀になるサイズです。元の姿に復せば重ねが10mmはあったであろう豪壮な刀ですが、磨上げてもなお重ね厚く身幅充分あり、反りの浅い姿形となります。磨上げのため刀身バランスが崩れてしまうので、これを修正する方法として樋を掻くことが多くありますが、本刀は樋は掻かずに鎬を削ぎバランス調整をしています。よって鎬の高い大和伝のような頑丈な姿をしています。地鉄は板目に流れ肌交じり肌立ち鎬寄りに映りが立ちます。刃紋は中直刃で小足・葉が交じり、末古刀の長船清光を思わせる処があり、また、帽子は焼詰めとなり興味深いものです。
本脇差は刀と云えるほど長いもので滅多に出る品ではありません。目釘孔の位置が中心(なかご)の中心に寄っているので、大磨上げの後更に区送りをしており、幕藩体制の頃は刀として使われていたものでしょう。登録は古く、古研ぎですが錆はありません。四百年以上も大切に伝えられて来たものですから、敢えて研がずにこのままで鑑賞してよいでしょう。
(鋒先端に極小さな疵がありますが特に問題なく現状としております)

詳細データ
  • 銘文:無銘
  • 時代:室町時代
  •  :備前(岡山県)
  • 地鉄:板目肌に流れ肌交じる
  • 刃紋:直刃
  • 中心:大磨上げ
  • 登録:昭和三十七年 岡山県
  • 鑑定書:無し、未審査
  • 長さ:59.8cm
  • 反り:1.2cm
  • 元幅:3.10cm
  • 元重ね:0.82cm
  • 先幅:2.40cm
  • 先重ね:0.6cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:ハバキ、白鞘、登録証
  • 商品番号:KA-520504
  • 価格:−
売却済み品切れ

詳細画像

白鞘
日本刀・無銘脇差全体表
日本刀・無銘脇差の刀身表1
日本刀・無銘脇差の刀身表2
日本刀・無銘脇差の刀身表3
日本刀・無銘脇差の刀身表4
日本刀・無銘脇差全体裏
日本刀・無銘脇差の刀身裏1
日本刀・無銘脇差の刀身裏2
日本刀・無銘脇差の刀身表裏
日本刀・無銘脇差の刀身表裏
刃紋
中心棟1
中心棟2
鋒棟

ページのトップへ戻る