ナビゲーション

刀:備前国長船

クリックで拡大長船銘の中心写真

商品説明(委託品)

刀剣番号:KA-531661
略式軍刀拵え付

特徴:試し斬り向き
本刀は、室町時代後期の片手打ちと称される姿をした備前刀です。銘は朽ち込みがあるため「光」の上はわかりません。刃文は直刃を焼いていおり、地鉄の鍛え肌は見えていますが、刀身にはヒケと薄錆があり状態がやや劣ります。しかし、この刀には拵えが付いており、柄はしっかりしているので居合用または試し斬り用に向いています。勿論、刀身を研ぎ上げれば鑑賞用になりますが、費用もかかるのでこのままでよいと思います。

詳細データ
  • 銘文:備前国住長船□光
  • 時代:室町時代後期
  •  :備前
  • 地鉄:小板目
  • 刃紋:直刃
  • 中心:生ぶ、目釘孔一個
  • 登録:昭和三十九年 愛媛県
  • 鑑定書:なし
  • 長さ:60.6cm
  • 反り:1.6cm
  • 元幅:2.77cm
  • 元重ね:0.7cm
  • 先幅:2.05cm
  • 先重ね:0.52cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:銅一重ハバキ、拵、登録証
  • 商品番号:KA-531661
  • 価格:−
売却済み品切れ

詳細画像

刀身表縦全景 刀身裏縦全景
刀身表全体
刀身表拡大1 刀身表拡大2 刀身表拡大3
刀身表拡大4
刀身裏全体
刀身裏拡大1 刀身裏拡大2 刀身裏拡大3
刀身裏拡大4
刃紋拡大
鋒棟拡大
中心棟拡大1
中心棟拡大2
長船の拵全身表
長船の拵表拡大1
長船の拵表拡大2
長船の拵表拡大3
長船の拵全身裏
長船の拵裏拡大1
長船の拵裏拡大2
長船の拵裏拡大3
長船の頭
長船の鐺

ページのトップへ戻る