ナビゲーション

刀:伝大和守助政

クリックで拡大無銘の中心写真

商品説明(委託品)

刀剣番号:KA-531672
打刀拵え付

特徴:居合・試し斬り向き
本刀の体配は、元先に幅差がややつき、反りが浅くつく、所謂寛文新刀姿をした刀です。また、刀身の状態は古研ぎです。
助政は淡路島の鍛冶棟梁役を代々務めていた山本家の五代目ですが、元禄の始め頃に津田近江守助直の門人となり姓を鈴木と改めています。中心仕立ても助直に似ています。また、附属の拵えの時代は若く現代の作です。柄はしっかりしており居合や試し斬りによいでしょう。

詳細データ
  • 銘文:無銘
  • 時代:江戸時代 元禄頃
  •  :摂津
  • 地鉄:板目肌
  • 刃紋:互の目乱れ
  • 中心:生ぶ、目釘孔一個
  • 登録:昭和四十六年 東京都
  • 鑑定書:日本刀剣保存会
  • 長さ:70.0cm
  • 反り:1.0cm
  • 元幅:3.07cm
  • 元重ね:0.71cm
  • 先幅:2.40cm
  • 先重ね:0.55cm
  • 重量:1150g(鞘を払って)
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:銅一重ハバキ、打刀拵、登録証、鑑定書
  • 商品番号:KA-531672
  • 価格:−
売却済み品切れ

詳細画像

日本刀・大和守助政の刀身縦表全景 日本刀・大和守助政の刀身縦裏全景
大和守助政の鑑定書
大和守助政の刀身表全体
大和守助政の刀身表拡大1
大和守助政の刀身表拡大2
大和守助政の刀身表拡大3
大和守助政の刀身表拡大4
大和守助政の刀身表拡大5
大和守助政の刀身裏全体
大和守助政の刀身裏拡大1
大和守助政の刀身裏拡大2
大和守助政の刀身裏拡大3
大和守助政の刀身裏拡大4
大和守助政の刀身裏拡大5
大和守助政の刃紋拡大
大和守助政の鋒棟拡大
大和守助政の中心棟拡大1
大和守助政の中心棟拡大2
大和守助政の拵表全身表
大和守助政の拵表拡大1
大和守助政の拵表拡大2
大和守助政の拵表拡大3
大和守助政の拵裏全身表
大和守助政の拵裏拡大1
大和守助政の拵裏拡大2
大和守助政の拵裏拡大3
大和守助政の拵柄拡大

ページのトップへ戻る