ナビゲーション

刀:当麻

クリックで拡大当麻刀の中心写真

商品説明

刀剣番号:KA-539031

特徴:本刀は幕末から近代頃にかけての刀と思われますが、銘鑑にはこの期に當麻と銘を切る刀工は見当たらず、作品が少なく希にに出てくる所謂銘鑑漏れのレアな刀工ではないでしょうか。
当麻と云えば大和の刀工で知られ、安芸国の隣国である備後国の三原の刀工は大和系と云われています。安芸も備後も現在の広島県で、互いに近い存在であったため、安芸にも大和系の当麻を名乗る刀工が出たのかも知れません。
本刀は、元幅が頗る広く元先の幅差が目立った鎬幅の広い造込みとなり、長さの割に重量がありズシリと感じます。小板目の詰んだ地鉄に、湾れに間遠に互の目を交えた刃を焼いています。また、精良な地鉄ですが、錆を落とした跡が残りやや美観を損ねている点ですが、このままでも良いと思いますが、ご予算ご希望が御座いましたら研磨を承ることも出来ます。

刀身データ
  • 銘文:藝州住當麻
  • 時代:江戸時代末期頃
  •  :安芸
  • 地鉄:小板目
  • 刃紋:湾れに互の目交じる
  • 中心:生ぶ、目釘孔1個
  • 登録:昭和63年 福岡県
  • 鑑定書:なし
  • 刃長:64.8cm
  • 反り:1.2cm
  • 元幅:3.36cm
  • 元重ね:0.72cm
  • 先幅:2.42cm
  • 先重ね:0.58cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:ハバキ、打刀拵、登録証
在庫なし

詳細画像

当麻の刀身縦表全景刀身縦裏全景
当麻の刀身表
当麻の刀身表拡大1 当麻の刀身表拡大2 当麻の刀身表拡大3 当麻の刀身表拡大4
当麻の刀身表拡大5
当麻の刀身裏
当麻の刀身裏拡大1 当麻の刀身裏拡大2 当麻の刀身裏拡大3 当麻の刀身裏拡大4
当麻の刀身裏拡大5
当麻の刃紋
鋒
中心棟1
中心棟2
打刀拵表
打刀拵裏
打刀拵え裏縦全景打刀拵え表縦全景
柄前
ハバキ鍔表

注文方法

購入方法についての詳細は、こちらの購入についてをご覧ください。

注番:KA-539031

品切れ

ページのトップへ戻る