ナビゲーション

短刀:無銘

クリックで拡大鎧通しの中心写真

商品説明

刀剣番号:KA-539073

特徴:室町時代末期の短刀姿を示した、鎧通しと称される無銘の短刀です。重ね頗る厚く、身幅がやや狭い造込みは、戦闘で取っ組み合っての時、相手への留めを刺す短刀であり、鎧の上からでも突き刺せるが如きの分厚い作りです。
本作は、焼刃が糸直刃と呼ばれる程に刃の焼きが低く、ために、使い込んだものでしょうか、物打辺上より帽子の焼きが無く刃紋が消えています。しかし、鎧通しとしての雰囲気は充分にありますので楽しんでください。

刀身データ
  • 銘文:無銘
  • 時代:室町時代末頃
  •  :不明
  • 地鉄:小板目
  • 刃紋:細直刃
  • 中心:生ぶ、目釘孔1個
  • 登録:平成2年 東京都
  • 鑑定書:なし
  • 刃長:20.0cm
  • 反り:なし
  • 元幅:1.9cm
  • 元重ね:0.5cm
  • 拵全長:24.3cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:ハバキ、白鞘、登録証
在庫なし

詳細画像

鎧通しの刀身縦表全景刀身縦裏全景
鎧通しの刀身表
鎧通しの刀身裏
鎧通しの刃紋
鋒
中心棟1
中心棟2
白鞘
ハバキ

注文方法

購入方法についての詳細は、こちらの購入についてをご覧ください。

注番:KA-539073

品切れ

ページのトップへ戻る