ナビゲーション

刀:無銘

クリックで拡大無銘刀の中心写真

商品説明

刀剣番号:KA-550111

特徴:本刀は幕末から近代頃にかけての刀と思われます。地金は無地風に小板目肌が綺麗に細かく詰み、刃文は互の目を焼いて尖り刃混じり関風の作を感じられます。刃長は定寸の二尺三寸五分あり、申し分のない長さです。付属の打刀拵は、柄形は立鼓をもたせて、頭は角とし、鍔は甲冑師風を用いて、戦国時代に武用本位の平常指しである天正拵となっています。

刀身データ
  • 銘文:無銘
  • 時代:幕末〜近代
  •  :不明
  • 地鉄:無地風
  • 刃紋:互の目
  • 中心:生ぶ、目釘孔1個
  • 登録:昭和48年 岐阜県
  • 鑑定書:なし
  • 刃長:71.3cm
  • 反り:1.9cm
  • 元幅:3.02cm
  • 元重ね:0.7cm
  • 先幅:2.24cm
  • 先重ね:0.56cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:ハバキ、打刀拵、登録証
在庫なし

詳細画像

当麻の刀身縦表全景刀身縦裏全景
当麻の刀身表
当麻の刀身表拡大1 当麻の刀身表拡大2 当麻の刀身表拡大3 当麻の刀身表拡大4
当麻の刀身表拡大5
当麻の刀身裏
当麻の刀身裏拡大1 当麻の刀身裏拡大2 当麻の刀身裏拡大3 当麻の刀身裏拡大4
当麻の刀身裏拡大5
当麻の刃紋
鋒
中心棟1
中心棟2
打刀拵表
打刀拵裏
打刀拵え裏縦全景打刀拵え表縦全景
柄前
ハバキ鍔表

注文方法

購入方法についての詳細は、こちらの購入についてをご覧ください。

注番:KA-550111

品切れ

ページのトップへ戻る