ナビゲーション

刀:竹内兼正

クリックで拡大兼正刀の中心写真

商品説明

刀剣番号:KA-551011

特徴:兼正は本名を竹内兼三郎と云い、愛知県春日井市鳥居松町に住し陸軍受命刀工でしたが、終戦後は作刀を止めていますが、刀工大鑑に掲載される名工です。本作は終戦間近の昭和二十年に作られた軍刀ですが、刀身には生刃が十分に残っていることから、実践には供さることなく終戦を迎えたと思われます。また、重ね身幅が共に頗る厚く広い頑丈な造り込みで、寸の割に手持ちがズシリと重いところが特徴的な刀です。

刀身データ
  • 銘文:尾州住竹内兼正作 L7
    昭和二十年二月
  • 時代:現代 昭和
  •  :愛知県
  • 地鉄:小板目
  • 刃紋:互の目
  • 中心:生ぶ、目釘孔1個
  • 登録:昭和38年 愛知県
  • 鑑定書:なし
  • 刃長:64.7cm
  • 反り:1.6cm
  • 元幅:3.44cm
  • 元重ね:0.88cm
  • 先幅:2.51cm
  • 先重ね:0.62cm
  • 重さ:830g(裸身)
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:ハバキ、打刀拵、登録証
在庫あり

詳細画像

兼正の刀身縦表全景刀身縦裏全景
兼正の刀身表
兼正の刀身表拡大1 兼正の刀身表拡大2 兼正の刀身表拡大3 兼正の刀身表拡大4
兼正の刀身表拡大5
兼正の刀身表拡大6
兼正の刀身裏
兼正の刀身裏拡大1 兼正の刀身裏拡大2 兼正の刀身裏拡大3 兼正の刀身裏拡大4
兼正の刀身裏拡大5
兼正の刀身裏拡大6
兼正の刃紋
鋒
中心棟1
中心棟2
打刀拵表
打刀拵裏
打刀拵え裏縦全景打刀拵え表縦全景
柄前
ハバキ鍔表鍔浦鍔斜め

注文方法

購入にあたっては、こちらの購入についてをご一読ください。

注番:KA-551011

価格:310,000円

ご注文はこちらから
ページのトップへ戻る