ナビゲーション

刀:吉田勝則

クリックで拡大勝則銘の茎写真

商品説明

刀剣番号:KA-7011
九八式軍刀拵付

吉田勝則は鳥取の産で、陸軍受命刀工です。作品は上手でその腕前は、陸軍軍刀技術奨励会会長賞を受賞しております。本刀は烏城(岡山城)内の鍛刀舎で作刀したものでしょうが、名工の名に恥じることなく、粗製の軍刀とは一線を画すもので、勝則のこの備前伝を現した作品は、単に軍刀の域に留まらず、鑑賞刀として十分に適うものと云えるでしょう。更に軍刀拵えも付いていることもうれしいですね。
本刀は、身幅広く、重ね厚く、刃長は65.6cmと常寸の軍刀姿で、加うるに生ぶ刃を約6cmも残し、健全そのもので製作当時の姿を残しています。地鉄はよく詰んで無地風となり、刃紋は、華やかな丁子乱れを主体に互の目が交じり、処々飛焼交じり、匂口締まり心に小沸よくつき、足がよく働き、刃縁は明るい出来となり、備前伝の作となります。帽子は表裏共に乱れ込んで丸く返ります。中心は生ぶ、目釘孔一個、鑢目は化粧に筋違、中心長は25.7cmあり、長めの仕上げになっています。

詳細データ
    • 銘文:烏城鍛刀舎勝則作
      昭和十八年四月吉日
    • 時代:現代 昭和十八年
    •  :鳥取県
    • 地鉄:無地風に細かく詰む
    • 刃紋:丁子乱れ
    • 中心:生ぶ、目釘孔一個
    • 登録:昭和五十四年 東京都
    • 鑑定書:無し
    • 長さ:65.6cm
    • 反り:1.4cm
    • 元幅:3.11cm
    • 元重ね:0.72cm
    • 先幅:2.48cm
    • 先重ね:0.54cm
    ※法量には若干誤差がある場合があります
    • 附属:ハバキ、九八式軍刀拵、登録証
    • 商品番号:KA-7011
    • 価格:−
売却済み品切れ

詳細画像

吉田勝則の刀・1全身画像 吉田勝則の刀・2差表先 吉田勝則の刀・3差表 吉田勝則の刀・4差表 吉田勝則の刀・5差表 吉田勝則の刀・6差表中心 吉田勝則の差表側刃紋 吉田勝則の刀・7差裏先 吉田勝則の刀・8差裏 吉田勝則の刀・9差裏 吉田勝則の刀・10差裏 吉田勝則の刀・11差裏中心 吉田勝則の差裏側刃紋 軍刀拵えの表側 軍刀拵えの裏側 軍刀拵えの前側 鍔と切羽

ページのトップへ戻る