ナビゲーション

刀:無銘

クリックで拡大無銘の茎写真

商品説明

刀剣番号:KA-7121
九四式軍刀拵え付

九四式軍刀拵がついています。軍刀としては古いタイプになりますので入れ子鞘の鯉口は補修されています。またストッパーの爪は埋金を施してあるのでひっかかりませんが、鍔は透かしでぶ厚く、金具類も厚手となっており立派な拵えで飾るには大変よいものです。
この日本刀は大磨上無銘のような中心をしており、仕立て直しをしていますので中心の錆は付いていません。地鉄は小板目が詰み、刃紋は湾れ調に小乱れで小沸がつき、足がよく入り、匂口は沈み心となり、如何にもよく斬れると云う出来となっています。

詳細データ
  • 銘文:無銘
  • 時代:現代 昭和
  •  :不明
  • 地鉄:小板目
  • 刃紋:小乱れ
  • 中心:磨上げ、目釘孔一個
  • 登録:平成二十五年 東京都
  • 鑑定書:無し
  • 長さ:64.1cm
  • 反り:1.6cm
  • 元幅:3.1cm
  • 元重ね:0.66cm
  • 先幅:2.3cm
  • 先重ね:0.52cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:ハバキ、九四式軍刀拵、登録証
  • 商品番号:KA-7121
  • 価格:−
売却済み品切れ

詳細画像

銘・無銘・表全身画像 無銘の刀・差表先1 無銘の刀・差表2 無銘の刀・差表3 無銘の刀・差表中心4 無銘の刀・差表側刃紋 銘・無銘・裏全身画像 無銘の刀・差裏先1 無銘の刀・差裏2 無銘の刀・差裏3 無銘の刀・差裏中心4 無銘の刀・鋒棟 無銘の刀・中心棟 無銘の刀・ハバキ棟 無銘の拵え表全身 無銘の拵え裏全身 無銘の拵え表柄 無銘の拵え裏柄 無銘の拵え表鞘中央 無銘の拵え裏鞘中央 無銘の拵え表鞘尻 無銘の拵え裏鞘尻 無銘のハバキ1 無銘のハバキ2 無銘のハバキ3 無銘の鍔 無銘の鍔2 切羽

他の九四式軍刀を見る ページのトップへ戻る