ナビゲーション

刀:藤原貞次

クリックで拡大貞次銘の茎写真

商品説明(委託品)

刀剣番号:KA-346102
サーベル拵え付

特徴:刀工総覧には新刀の貞次を八人挙げています。本作は地鉄のやや黒味をおびた鍛えから北国物と見てとれ、越前辺りの刀工であると思われます。越前には下坂貞次が江戸時代初期に活躍しているので、恐らくその後代ではないかと思います。
本刀は刀身に鍛え傷があるものの、板目肌が肌立ちごころとなった鍛え肌の様子は、刀剣鑑賞する際の大きな見処となっており、刃文の鑑賞以上に充分に楽しめるものです。また、尉官用のサーベル拵えは、鞘に凹みなどなく、柄・鞘ともによい状態を保っている数少ない拵えです。

詳細データ
  • 銘文:藤原貞次
  • 時代:江戸時代中期
  •  :越前
  • 地鉄:板目肌
  • 刃紋:直刃
  • 中心:生ぶ
  • 登録:昭和三十二年 福岡県
  • 鑑定書:なし
  • 長さ:60.9cm
  • 反り:1.66cm
  • 元幅:2.96cm
  • 元重ね:0.66cm
  • 先幅:2.22cm
  • 先重ね:0.52cm
  • 拵全長:93.4cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:銀鍍金銅一重ハバキ、サーベル拵、登録証
  • 商品番号:KA-346102
  • 価格:−
売却済み品切れ

詳細画像

日本刀・藤原貞次の刀身縦表全景 日本刀・藤原貞次の刀身縦裏全景
日本刀・藤原貞次の刀身表
日本刀・藤原貞次の刀身表拡大1
日本刀・藤原貞次の刀身表拡大2
日本刀・藤原貞次の刀身表拡大3
日本刀・藤原貞次の刀身表拡大4
日本刀・藤原貞次の刀身表拡大5
日本刀・藤原貞次の刀身表拡大6
日本刀・藤原貞次の刀身表拡大7
日本刀・藤原貞次の刀身表拡大8
日本刀・藤原貞次の刀身裏
日本刀・藤原貞次の刀身裏拡大1
日本刀・藤原貞次の刀身裏拡大2
日本刀・藤原貞次の刀身裏拡大3
日本刀・藤原貞次の刀身裏拡大4
日本刀・藤原貞次の刀身裏拡大5
日本刀・藤原貞次の刀身裏拡大6
日本刀・藤原貞次の刀身裏拡大7
日本刀・藤原貞次の刀身裏拡大8
藤原貞次の刃紋
鋒
中心棟1
中心棟2
サーベル拵え縦表サーベル拵え縦裏
サーベル拵え表
サーベル拵え表拡大1
サーベル拵え表拡大2
サーベル拵え表拡大3
サーベル拵え裏
サーベル拵え裏拡大1
サーベル拵え裏拡大2
サーベル拵え裏拡大3
サーベル拵え背金
サーベル拵え柄1
サーベル拵え柄2

他のサーベル拵え軍刀を見る ページのトップへ戻る