ナビゲーション

刀:無銘

クリックで拡大無銘の茎写真

商品説明(委託品)

刀剣番号:KA-346103
附98式軍刀拵え

特徴:本刀は江戸時代後期に作られた所謂新々刀と思われます。地鉄は板目に流れ肌を交えた鍛えに、刃文は直刃調に小乱れ、小足・小沸がつき、一見古作を思わせるような出来をしており、中心は生ぶで刃上がり栗尻、鑢は切りです。無銘でありながら中心棟には小肉がつくところなど、丁寧な中心仕立てです。また、中心には鍔ずれの痕跡があり、幕藩体制の本では武士の指料として腰に帯びていたことでしょう。
九八式軍刀拵えは初期形のようです。鍔は透かし鍔、切羽は四枚づつの計八枚、通し番号は「九四九」、一枚の切羽のみ番号がありません。また、猿手は付け替えたようですが、全体的には欠損の少ないしっかりした拵えです。
軍刀は後期になると質の低下が見られるようになり、また、多くの物があります。初期形で状態の良い本刀のような軍刀拵は少なくなってきました。

詳細データ
  • 銘文:無銘
  • 時代:江戸時代後期
  •  :不明
  • 地鉄:板目肌
  • 刃紋:直刃
  • 中心:生ぶ
  • 登録:昭和五十年 東京都
  • 鑑定書:なし
  • 長さ:67.3cm
  • 反り:1.5cm
  • 元幅:3.04cm
  • 元重ね:0.66cm
  • 先幅:2.34cm
  • 先重ね:0.5cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:銀鍍金銅一重ハバキ、98式軍刀拵、登録証
  • 商品番号:KA-346103
  • 価格:−
売却済み品切れ

詳細画像

日本刀・無銘新々刀の刀身縦表全景 日本刀・無銘新々刀の刀身縦裏全景
日本刀・無銘新々刀の刀身表
日本刀・無銘新々刀の刀身表拡大1
日本刀・無銘新々刀の刀身表拡大2
日本刀・無銘新々刀の刀身表拡大3
日本刀・無銘新々刀の刀身表拡大4
日本刀・無銘新々刀の刀身表拡大5
日本刀・無銘新々刀の刀身表拡大6
日本刀・無銘新々刀の刀身表拡大7
日本刀・無銘新々刀の刀身表拡大8
日本刀・無銘新々刀の刀身表拡大9
日本刀・無銘新々刀の刀身裏
日本刀・無銘新々刀の刀身裏拡大1
日本刀・無銘新々刀の刀身裏拡大2
日本刀・無銘新々刀の刀身裏拡大3
日本刀・無銘新々刀の刀身裏拡大4
日本刀・無銘新々刀の刀身裏拡大5
日本刀・無銘新々刀の刀身裏拡大6
日本刀・無銘新々刀の刀身裏拡大7
日本刀・無銘新々刀の刀身裏拡大8
日本刀・無銘新々刀の刀身裏拡大9
無銘新々刀の刃紋
鋒
中心棟1
中心棟2
98式軍刀拵え縦表98式軍刀拵え縦裏
98式軍刀拵え表
98式軍刀拵え表拡大1
98式軍刀拵え表拡大2
98式軍刀拵え表拡大3
98式軍刀拵え裏
98式軍刀拵え裏拡大1
98式軍刀拵え裏拡大2
98式軍刀拵え裏拡大3
98式軍刀拵え柄2
98式軍刀拵え柄3
切羽

ページのトップへ戻る