ナビゲーション

脇差:無銘

クリックで拡大無銘の茎写真

商品説明(委託品)

刀剣番号:KA-347011
附サーベル拵

特徴:警察サーベル拵えに入った脇差です。この脇差は身幅広く、鋒が大きく延びた姿をしています。これは幕末頃の所謂新々刀の刀を磨上げたもので、鋒の大きさと先身幅から推察し、これを元に復せば身幅の広い豪壮な姿をした刀であったことが見てとれます。
刃紋は互の目乱れで、匂口が締まり心や帽子の出来口から、新々刀期の名工で知られる固山宗次の一門のように思えます。(小錆びと数カ所小さな刃こぼれ有り)
また、サーベル拵えは一般によく見る巡査用のものではなく、上級の警部が持つもので、背金に施された桜と旭日章は立派な物です。
鞘には薄錆びはありますが、数少なく貴重な警察サーベル拵えとしては全体的に保存状態は良好の部類に入るでしょう。

詳細データ
  • 銘文:無銘
  • 時代:江戸時代後期頃
  •  :不明
  • 地鉄:小板目
  • 刃紋:互の目
  • 中心:磨上げ、目釘孔三個
  • 登録:昭和四十五年 千葉県
  • 鑑定書:なし
  • 長さ:48.6cm
  • 反り:1.1cm
  • 元幅:2.86cm
  • 元重ね:0.61cm
  • 先幅:2.53cm
  • 先重ね:0.53cm
  • 拵全長:68.8cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:銅一重ハバキ、サーベル拵、登録証
  • 商品番号:KA-347011
  • 価格:−
売却済み品切れ

詳細画像

日本刀・新々刀の刀身縦表全景 日本刀・新々刀の刀身縦裏全景
日本刀・新々刀の刀身表
日本刀・新々刀の刀身表拡大1
日本刀・新々刀の刀身表拡大2
日本刀・新々刀の刀身表拡大3
日本刀・新々刀の刀身表拡大4
日本刀・新々刀の刀身表拡大5
日本刀・新々刀の刀身表拡大6
日本刀・新々刀の刀身裏
日本刀・新々刀の刀身裏拡大1
日本刀・新々刀の刀身裏拡大2
日本刀・新々刀の刀身裏拡大3
日本刀・新々刀の刀身裏拡大4
日本刀・新々刀の刀身裏拡大5
日本刀・新々刀の刀身裏拡大6
新々刀の刃紋
鋒
中心棟1
中心棟2
警察サーベル拵え縦表サーベル拵え縦裏
警察サーベル拵え表
警察サーベル拵え表拡大1
警察サーベル拵え表拡大2
警察サーベル拵え裏
警察サーベル拵え裏拡大1
警察サーベル拵え裏拡大2
警察サーベル拵え背金
警察サーベル拵え鮫革
警察サーベル拵え鯉口
警察サーベル拵え柄表
警察サーベル拵え柄裏

他のサーベル拵え軍刀を見る ページのトップへ戻る