ナビゲーション

刀:伝長船清光

クリックで拡大大磨上げの茎写真

商品説明

刀剣番号:KA-358041
附九四式軍刀拵

特徴:九四式の軍刀拵えに入った末備前の刀です。
身幅広く、元先の幅差がさほど開かず重ねが厚く、鋒が延びた末備前の姿をした刀身です。
清光は祐定に比して長寸で二尺四五寸のものがあり、本刀も元に元に復せば二尺五寸を超える長寸の刀です。
地鉄は板目鍛えに映りが立ち、刃紋は中直刃に小乱れ交じり、足・葉がよく働くなど、五郎左衛門尉もしくは孫右衛門尉に見られる清光の典型とも云える作風を示しています。
拵えは初期の物で佩環は一つですが九四式であったと思われ、総体に健全さを保っています。鍔は透かし、鉄鞘は錆び・凹み無く、刀身の収まりもよくガタつきがありません。
また、当時の吊革が附属しているのも珍しく貴重です。

詳細データ
  • 銘文:備前国長船(以下切)
  • 時代:室町時代後期
  •  :備前
  • 地鉄:板目肌
  • 刃紋:直刃
  • 中心:磨上げ、目釘孔3個
  • 登録:平成26年 東京都
  • 鑑定書:なし
  • 刃長:69.5cm
  • 反り:1.6cm
  • 元幅:3.1cm
  • 元重ね:0.72cm
  • 先幅:2.6cm
  • 先重ね:0.61cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:銅二重ハバキ、軍刀拵、尉官刀緒、吊革、登録証
在庫あり

詳細画像

備前国長船の刀身縦表全景備前国長船の刀身縦裏全景
伝長船清光の刀身表
刀身表地鉄部拡大1刀身表地鉄部拡大2刀身表地鉄部拡大3刀身表地鉄部拡大4刀身表地鉄部拡大5
伝長船清光の刀身裏
刀身裏地鉄部拡大1刀身裏地鉄部拡大2刀身裏地鉄部拡大3刀身裏地鉄部拡大4刀身裏地鉄部拡大5
伝長船清光の刃紋
鋒棟
中心棟1
中心棟2
九四式軍刀拵表
九四式軍刀拵裏
九四式軍刀拵え表縦全景九四式軍刀拵え裏縦全景
佩環
拵え柄
ハバキと刀身
鍔・切羽
吊革

注文方法

購入方法についての詳細は、こちらの購入についてをご覧ください。

注番:KA-358041

価格:準備中

ページのトップへ戻る