ナビゲーション

刀:長船祐定

クリックで拡大祐定の茎写真

説明

刀剣番号:KA-359083
附海軍軍刀拵

特徴:長船祐定は末備前、就中、室町時代末期の備前国を代表する刀工で、彦兵衛尉祐定・彦左衛門尉祐定・与三左衛門尉祐定・源兵衛尉祐定・源左衛門尉祐定等が活躍していまが、祐定は工房として刀剣製作を行っています。
本作は、中心を磨上げていて、銘を惜しんだものと思われ、為に刃長に比して長めの中心となっています。地鉄は、板目に杢目を交えて流れた鍛えに映りが立っており、刃紋は匂出来の広直刃調に小互の目・小乱れごころの刃が交じり、足・葉がよく入り刃中よく働きます。また、刀身は若干の錆び跡があるのと、鋒が1mm位欠けていますが、このままと致します。
附属の外装は、黒呂色塗りの鞘を革袋で覆った海軍軍刀拵えです。惜しいことに柄の縁金物が欠落しております。縁金物は何時しか紛失したものでしょうが、柄や鍔・切羽等は注文主名で統一さた生ぶ品です。

詳細データ
  • 銘文:備州長舩祐定永禄十年八月
  • 時代:室町時代
  •  :岡山県
  • 地鉄:板目
  • 刃紋:直刃
  • 中心:磨上げ、目釘孔3個
  • 登録:昭和29年 新潟県
  • 鑑定書:保存刀剣鑑定書
  • 刃長:69.2cm
  • 反り:1.1cm
  • 元幅:2.9cm
  • 元重ね:0.7cm
  • 先幅:2.36cm
  • 先重ね:0.59cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:一重ハバキ、海軍軍刀拵、刀緒(房なし)、登録証
在庫あり

詳細画像

祐定の鑑定書
祐定の刀身縦表全景祐定の刀身縦裏全景
祐定の刀身表
刀身表地鉄部拡大1-1刀身表地鉄部拡大1-2刀身表地鉄部拡大2-1刀身表地鉄部拡大2-2刀身表地鉄部拡大3-1刀身表地鉄部拡大3-2刀身表地鉄部拡大4-1刀身表地鉄部拡大4-2刀身表地鉄部拡大5-1刀身表地鉄部拡大5-2
祐定の刀身裏
刀身裏地鉄部拡大1-1刀身裏地鉄部拡大1-2刀身裏地鉄部拡大2-1刀身裏地鉄部拡大2-2刀身裏地鉄部拡大3-1刀身裏地鉄部拡大3-2刀身裏地鉄部拡大4-1刀身裏地鉄部拡大4-2刀身裏地鉄部拡大5-1刀身裏地鉄部拡大5-2
祐定の刃紋
鋒棟
中心棟1
中心棟2
海軍軍刀拵表
海軍軍刀拵裏
海軍軍刀拵え表縦全景海軍軍刀拵え裏縦全景
拵え柄
ハバキと刀身
はばき
鍔と切羽

注文方法

購入方法についての詳細は、こちらの購入についてをご覧ください。

刀番:KA-359083

お問い合せください

ページのトップへ戻る