ナビゲーション

刀:無銘

クリックで拡大無銘の茎写真

説明

刀剣番号:KA-370011
附九八式軍刀拵

特徴:銘を消されていますが、江戸時代寛文頃の刀です。恐らく、偽銘を消したもので、見識のある方によるものでしょう。
この刀身は備前伝を現したものと思われ、小板目肌に匂い勝ちの互の目を焼き、足・葉の働きが盛んで見処があり、体配は反り浅く付き、元先の幅差が目立ち、中鋒の延びた寛文新刀姿です。
刀身には若干の刃こぼれや薄錆びがあります。
外装は、98式軍刀拵が付いており、98式の中も初期型です。初期型の特徴は、厚い透かし鍔に4枚切羽、駐爪の位置は柄の中央に配置されます。
本刀の拵えは、鞘に若干の凹み、鯉口のネジ一個欠落、また、若干の緩みがありますが、総体的には当時の姿をよく留めたものと言えます。

詳細データ
  • 銘文:無銘
  • 時代:江戸時代
  •  :摂津
  • 地鉄:小板目
  • 刃紋:互の目
  • 中心:磨上げ、目釘孔3個
  • 登録:昭和60年 神奈川県
  • 鑑定書:なし
  • 刃長:68.9cm
  • 反り:1.1cm
  • 元幅:3.02cm
  • 元重ね:0.7cm
  • 先幅:2.4cm
  • 先重ね:0.54cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:銅一重ハバキ、九八式軍刀拵、登録証
在庫なし

詳細画像

無銘の軍刀刀身縦表全景無銘の軍刀刀身縦裏全景
無銘の刀身表
刀身表地鉄部拡大1刀身表地鉄部拡大2刀身表地鉄部拡大3刀身表地鉄部拡大4刀身表地鉄部拡大5
無銘の刀身裏
刀身裏地鉄部拡大1刀身裏地鉄部拡大2刀身裏地鉄部拡大3刀身裏地鉄部拡大4刀身裏地鉄部拡大5
無銘刀の刃紋
鋒棟
中心棟1
中心棟2
九八式軍刀拵表
九八式軍刀拵裏
九八式軍刀拵え表縦全景九八式軍刀拵え裏縦全景
拵え柄
抜刀姿
鍔と切羽
ハバキ

注文方法

購入方法についての詳細は、こちらの購入についてをご覧ください。

刀番:KA-370011

品切れ

ページのトップへ戻る