ナビゲーション

刀:藤原貞行

クリックで拡大貞行銘の中心写真

商品説明

刀剣番号:KA-737081
中心は生ぶ一穴、細鏨に切る銘は初代の貞行です。

特徴:安土桃山時代の豊後高田の刀です。また、貞行は宮本武蔵の刀を鍛えた刀工であり、生涯の差料としていた貞行の刀は武蔵従者の岡部九左衛門に遺贈されたと伝えます。
本刀は身幅広く元先の幅差さほど開かず、重ね頗る厚く先へ行っても細らずズシリと重たい造込みです。
高田物と云えば直刃を主調とした物が多く見られますが、この貞行は小丁子に小互の目・尖り刃を交えた乱れを焼き、飛焼・棟焼等を交えており、高田物にあっては出色の出来映えとなっています。
本刀を鑑賞しながら宮本武蔵へ心を馳せるのも、また良いものでしょう。
本刀の刀身は古研ぎであるため、その分お値段に反映させて頂いております。

詳細データ
  • 銘文:藤原貞行
  • 時代:江戸時代初期 慶長頃
  •  :豊後
  • 地鉄:小板目詰む
  • 刃紋:乱れ
  • 中心:生ぶ、目釘孔1個
  • 登録:昭和27年 東京都
  • 鑑定書:特別保存刀剣
  • 刃長:二尺三寸五分
  • 反り:六分
  • 元幅:3.05cm
  • 元重ね:0.8cm
  • 先幅:2.56cm
  • 先重ね:0.7cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:金着せ一重ハバキ・白鞘・鑑定書・登録証
  • 商品番号:KA-737081
  • 価格:670,000円

詳細画像

藤原貞行の鑑定書
藤原貞行の刀身縦表全景 藤原貞行の刀身縦裏全景
藤原貞行の刀身表全体
刀身表拡大1
刀身表拡大2
刀身表拡大3
刀身表拡大4
刀身表拡大5
藤原貞行の刀身裏全体
刀身裏拡大1
刀身裏拡大2
刀身裏拡大3
刀身裏拡大4
刀身裏拡大5
藤原貞行の刃紋拡大
鋒棟拡大
中心棟拡大1
中心棟拡大2
白鞘

ページのトップへ戻る