ナビゲーション

刀:藤原貞行

クリックで拡大貞行銘の中心写真

商品説明

刀剣番号:KA-737081
中心は生ぶ一穴、細鏨に切る銘は初代の貞行です。

特徴:高田の貞行作の刀です。
この貞行とは、剣豪宮本武蔵が臨終間際まで差料として所有していた刀の作者として知られ、従者の岡部九左衛門に遺贈されたと伝えます。
高田の刀は直刃を多く焼き特徴がありますが、この貞行は備前風の焼刃を得意としております。
本作も、小丁子に小互の目・尖り刃を交えた乱れを焼き、飛焼・棟焼等を交えるなど、高田物の中にあって出色の出来映えを示しています。
宮本武蔵が愛した貞行の刀、この貞行の刀で武蔵を偲んでみては如何ですか。

詳細データ
  • 銘文:藤原貞行
  • 時代:江戸時代初期 慶長頃
  •  :豊後
  • 地鉄:小板目詰む
  • 刃紋:乱れ
  • 中心:生ぶ、目釘孔1個
  • 登録:昭和27年 東京都
  • 鑑定書:特別保存刀剣
  • 刃長:二尺三寸五分
  • 反り:六分
  • 元幅:3.05cm
  • 元重ね:0.8cm
  • 先幅:2.56cm
  • 先重ね:0.7cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:金着せ一重ハバキ・白鞘・鑑定書・登録証
在庫あり

詳細画像

藤原貞行の鑑定書
藤原貞行の刀身縦表全景藤原貞行の刀身縦裏全景
藤原貞行の刀身表全体
刀身表拡大1
刀身表拡大2
刀身表拡大3
刀身表拡大4
刀身表拡大5
藤原貞行の刀身裏全体
刀身裏拡大1
刀身裏拡大2
刀身裏拡大3
刀身裏拡大4
刀身裏拡大5
藤原貞行の刃紋拡大
鋒棟拡大
中心棟拡大1
中心棟拡大2
白鞘

注文方法

購入方法についての詳細は、こちらの購入についてをご覧ください。

注番:KA-737081

価格:670,000円

ご注文はこちらから
ページのトップへ戻る