ナビゲーション

脇差:下原広重

クリックで拡大広重銘の中心写真

商品説明(委託品)

刀剣番号:KB-8062

下原広重は武蔵(東京都)の刀工です。下原刀は戦国時代から幕末まで業物と評価されてきた東京都八王子市郊外の恩方周辺で活躍した刀工群で、下原十家と称され栄えた東京都の郷土刀です。
下原刀については武州下原刀図譜で詳しく解説しています。
本作は身幅重ね共に尋常で、下原物にしては常の姿より反りがやや深めについた姿形おしております。また銘振りより時代は寛文頃と推されます。地鉄は板目に流れ肌が交じり棟焼かかり、刃紋は尖り刃を基調とした刃どりで元を直ぐに焼き出し上は腰の開いた尖り刃を焼き物打辺りからこずんだ尖り刃に互の目を交えて概ね表裏刃紋揃い、細かな砂流しかかり小沸がついて明るい出来となり、帽子は直ぐに丸く深く返り棟焼と繋がり下原の特徴を表しています。

詳細データ
  • 銘文:武州下原住広重
  • 時代:江戸時代前期 寛文頃
  •  :武蔵(東京都)
  • 地鉄:板目に流れ肌交じる肌
  • 刃紋:尖り刃基調に互の目交じる
  • 中心:区送り 目釘孔一個
  • 登録: 昭和四十一年 東京都
  • 鑑定書:無し
  • 長さ:50.0cm
  • 反り:1.5cm
  • 元幅:2.94cm
  • 元重ね:0.65cm
  • 先幅:2.46cm
  • 先重ね:0.53cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:ハバキ、白鞘、登録証
  • 商品番号:KB-8062
  • 価格:−
売却済み品切れ

詳細画像

廣重の白鞘 廣重の脇差・全身画像表 廣重の脇差・差表先 廣重の脇差・差表2 廣重の脇差・差表3 廣重の脇差・差表中心 廣重の脇差・刃紋 廣重の脇差・全身画像裏 廣重の脇差・差裏先 廣重の脇差・差裏2 廣重の脇差・差裏3 廣重の脇差・差裏中心 廣重の脇差・中心棟 廣重の脇差・ハバキ 廣重の脇差・鋒

ページのトップへ戻る