ナビゲーション

刀:石原兼直

クリックで拡大兼直銘の中心写真

商品説明

刀剣番号:KA-510072

特徴:試斬り向き
兼直は昭和時代に岐阜県で活躍した刀工です。中心には大杉住と居住地を入れ長銘に切っています。刃文は互の目乱れで、矢筈風の刃や尖り刃を交え小沸の付いた良い出来です。研ぎ直しをしたい処ですが、費用面から現状でもよく、試し斬り用としてもよいでしょう。

詳細データ
  • 銘文:濃州大杉住石原兼直作
  • 時代:現代 昭和
  •  :岐阜県
  • 地鉄:無地風に詰む
  • 刃紋:互の目乱れ
  • 中心:生ぶ、目釘孔一個
  • 登録:平成27年 大阪府
  • 鑑定書:無し
  • 長さ:67.0cm
  • 反り:2.2cm
  • 元幅:3.05cm
  • 元重ね:0.7cm
  • 先幅:2.47cm
  • 先重ね:0.52cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:黄銅一重ハバキ、白鞘、登録証
  • 商品番号:KA-510072
  • 価格:−
売却済み品切れ

詳細画像

石原兼直の刀身表全体
刀身表拡大1
刀身表拡大2
刀身表拡大3
刀身表拡大4
刀身表拡大5
石原兼直の刀身裏全体
刀身裏拡大1
刀身裏拡大2
刀身裏拡大3
刀身裏拡大4
刀身裏拡大5
刃紋
刃紋拡大
鋒棟拡大
中心棟拡大1
中心棟拡大2
石原兼直の白鞘

ページのトップへ戻る