ナビゲーション

刀:大和守助政

クリックで拡大無銘の中心写真

商品説明

刀剣番号:KA-510111

特徴:助政は淡路島の鍛冶で、元禄の初年頃に大坂の津田近江守助直(新刀上々作)の門人となります。助直の代作代銘を行ったであろうと云われますが本作も、中心仕立ては助直かと思われるほどよく似ており頷ける処です。
作柄は、中心は約1cm程区を送っていますが定寸あり、反りの浅い体配に、刃文は互の目乱れに丁子風の長い足が入り、砂流しのかかる出来です。古研ぎですが大坂新刀らしく焼き高く華やかで見処のある刀です。
また、反りの浅いこの刀身は平肉が少なく、スパッと如何にもよく斬れる感じがします。中心の長さは七寸八分(23.7cm)と長めで手持ちがよいと思います。

詳細データ
  • 銘文:無銘
  • 時代:江戸時代 元禄頃
  •  :摂津
  • 地鉄:板目肌
  • 刃紋:互の目乱れ
  • 中心:区送り、目釘孔一個
  • 登録:昭和四十六年 東京都
  • 鑑定書:日本刀剣保存会
  • 長さ:70.0cm
  • 反り:1.0cm
  • 元幅:3.07cm
  • 元重ね:0.72cm
  • 先幅:2.41cm
  • 先重ね:0.54cm
  • 重量:810g(裸身)
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:銀着せ一重銅ハバキ、白鞘、登録証、鑑定書
  • 商品番号:KA-510111
  • 価格:−
売却済み品切れ

詳細画像

大和守助政の鑑定書
白鞘
大和守助政の刀身表全体
大和守助政の刀身表拡大1
大和守助政の刀身表拡大2
大和守助政の刀身表拡大3
大和守助政の刀身表拡大4
大和守助政の刀身表拡大5
大和守助政の刀身裏全体
大和守助政の刀身裏拡大1
大和守助政の刀身裏拡大2
大和守助政の刀身裏拡大3
大和守助政の刀身裏拡大4
大和守助政の刀身裏拡大5
大和守助政の刃紋拡大
大和守助政の鋒棟拡大
大和守助政の中心棟拡大1
大和守助政の中心棟拡大2

ページのトップへ戻る