ナビゲーション

刀:高田統行(極め)

クリックで拡大無銘の中心写真

商品説明(委託品)

刀剣番号:KA-511201
打刀拵え付

高田統行は豊後国(大分県)の刀工です。高田一派は大友氏の庇護を受けて繁栄した豊後を代表する一派です。作柄は直刃で刃中に針で突いた様なと形容される葉の働きが特徴的です。本作は、地鉄はやや黒味を帯び小板目が詰んで流れ肌が交じり、刃紋は沸が付いた直刃で刃中には上記の働きが顕著に現れております。
本刀は、拵えが付いており刀身には棒樋が掻いてありますので居合刀としても適しています。また、無銘ですが高田の特長が良く現れわれており、鑑賞用としても充分楽しめる一振りです。
(中心と柄の間に弛みがありますが現状でのご案内となります)

詳細データ
  • 銘文:無銘
  • 時代:江戸時代初期 慶長頃
  •  :豊後(大分県)
  • 地鉄:小板目肌に流れ肌交じる
  • 刃紋:直刃
  • 中心:殆ど生ぶ(中心尻の棟を削る)
  • 登録:昭和三十六年 福岡県
  • 鑑定書:特別貴重刀剣認定書
  • 長さ:66.5cm
  • 反り:1.2cm
  • 元幅:2.97cm
  • 元重ね:0.71cm
  • 先幅:2.37cm
  • 先重ね:0.55cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:ハバキ、打刀拵(白鞘無し)、鑑定書、登録証
  • 商品番号:KA-511201
  • 価格:−
売却済み品切れ

詳細画像

日本刀・高田統行の鑑定書
日本刀・高田統行の全体
日本刀・高田統行の刀身
日本刀・高田統行の拵

ページのトップへ戻る