ナビゲーション

刀:下原広重
【刀剣番号:KA-311160】委託品

中心画像武州下原住廣重と銘を切った茎押形

商品説明

白鞘付刀の外観

詳細データ

  • 銘文:武州下原住広重
  • 時代:江戸時代
  • 国:武蔵
  • 地鉄:板目に流れ肌交じる
  • 刃紋:直刃
  • 中心:生ぶ
  • 登録:昭和五十年 東京都
  • 鑑定書:無し
  • 長さ:63.1cm
  • 反り:0.6cm
  • 元幅:3.14cm
  • 元重ね:0.82cm
  • 先幅:2.18cm
  • 先重ね:0.58cm
  • ※寸法には誤差があります

付属:一重ハバキ、白鞘、登録証

  • 商品番号:KA-311160 価格:品切れ

特徴:下原刀は実用刀として知られた東京都の郷土刀で、本刀も重ねが頗る厚く頑丈な造込みをしています。また、焼出しには水影が現れ、下原の特徴がよく出ています。
下原刀については武州下原刀図譜で詳しく解説しています。


詳細画像

日本刀・下原広重の白鞘
日本刀・下原広重の刀身表
日本刀・下原広重の刀身表拡大1
日本刀・下原広重の刀身表拡大2
日本刀・下原広重の刀身表拡大3
日本刀・下原広重の刀身表拡大4
日本刀・下原広重の刀身裏
日本刀・下原広重の刀身裏拡大1
日本刀・下原広重の刀身裏拡大2
日本刀・下原広重の刀身裏拡大3
日本刀・下原広重の刀身裏拡大4
下原広重の刃紋
鋒
中心棟1
中心棟2

ページのトップへ戻る