ナビゲーション

刀:正廣

クリックで拡大正廣の茎写真

説明

刀剣番号:KA-371051
附九八式軍刀拵

特徴:正廣は戦時中の関の軍刀鍛冶として活躍しています。刀身は、よく詰んだ地金に長く焼き出し、上は、関伝統の尖り刃を主体にした互の目を焼いきます(若干の小錆があります)。
外装の89式軍刀拵は、切羽8枚に鉄鞘で、透かし鍔ではないものの、駐爪の位置や切羽の枚数から、九八式でも初期のタイプと思われます。また、鉄鞘を覆う革袋もよい状態です。
中心には「濃州関住服部正廣作」と銘がありますが、登録証の銘文では「濃州関住服部正満作」となっています。「正廣」を「正満」に登録審査員の読み違いであり、こうした銘文の読み違いはままあることです。登録証はこのままで問題はありませんが、現在、登録証の訂正をするべく手続きを行っています。

詳細データ
  • 銘文:濃州関住服部正廣作
  • 時代:昭和
  •  :岐阜県
  • 地鉄:小板目
  • 刃紋:尖り互の目
  • 中心:生ぶ、目釘孔1個
  • 登録:令和3年 大阪府
  • 鑑定書:なし
  • 刃長:63.1cm
  • 反り:1.7cm
  • 元幅:3.25cm
  • 元重ね:0.78cm
  • 先幅:2.25cm
  • 先重ね:0.54cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:銅一重ハバキ、九八式軍刀拵、登録証
在庫あり

詳細画像

正廣の軍刀刀身縦表全景正廣の軍刀刀身縦裏全景
正廣の刀身表
刀身表地鉄部拡大1刀身表地鉄部拡大2刀身表地鉄部拡大3刀身表地鉄部拡大4刀身表地鉄部拡大5刀身表地鉄部拡大6
正廣の刀身裏
刀身裏地鉄部拡大1刀身裏地鉄部拡大2刀身裏地鉄部拡大3刀身裏地鉄部拡大4刀身裏地鉄部拡大5刀身裏地鉄部拡大6
正廣刀の刃紋
鋒棟
中心棟1
中心棟2
九八式軍刀拵表
九八式軍刀拵裏
九八式軍刀拵え表縦全景九八式軍刀拵え裏縦全景
拵え柄
抜刀姿
ハバキ
鍔と切羽 登録証

注文方法

購入方法についての詳細は、こちらの購入についてをご覧ください。

刀番:KA-371051

価格:200,000円
登録証訂正手続き中

ページのトップへ戻る