ナビゲーション

刀:武州安家

クリックで拡大安家銘の茎写真

商品説明(委託品)

刀剣番号:KA-118051
中心尻は入山形、鑢目は筋違、生ぶ二穴。

武州安家は東京都の刀工です。安家は下原一派の刀工で武蔵太郎安貞の門人と云われています。彼の生年など詳細は不明で研究の余地がある刀工です。
本作は身幅広く、重ね尋常で反りの浅い姿をしています。鍛えは板目、鎬地は柾となります。刃紋は湾れ調に小湾れ・尖り刃を交え、処々沸筋が入り、地には映り風に焼き入り皆焼風となります。下原刀は華やかさが無いものが一般的ですが、これは実用刀としての価値を前面を強く出している刀と言えるからで、本作も頑丈な造りとなっています。また、この安家は数少ない刀であり珍品です。

詳細データ
  • 銘文:武州住安家
  • 時代:江戸時代前期 享保頃
  •  :武蔵(東京都)
  • 地鉄:板目
  • 刃紋:湾れ基調に小乱れ
  • 中心:生ぶ 目釘孔二個
  • 登録:昭和四十九年 広島県
  • 鑑定書:保存刀剣鑑定書
  • 長さ:72.9cm
  • 反り:1.1cm
  • 元幅:3.3cm
  • 元重ね:0.68cm
  • 先幅:2.4cm
  • 先重ね:0.52cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:ハバキ、白鞘、鑑定書、登録証
  • 商品番号:KA-118051
  • 価格:500,000円

詳細画像

武州安家の鑑定書 武州安家の白鞘 銘・武州安家・表全身画像 武州安家の刀・差表先1 武州安家の刀・差表2 武州安家の刀・差表3 武州安家の刀・差表4 武州安家の刀・差表中心5 武州安家の刀・差表側刃紋 銘・武州安家・裏全身画像 武州安家の刀・差裏先1 武州安家の刀・差裏2 武州安家の刀・差裏3 武州安家の刀・差裏4 武州安家の刀・差裏中心5 武州安家の刀・鋒棟 武州安家の刀・中心棟 武州安家の刀・ハバキ棟

ページのトップへ戻る