刀:佐々木一峯
【刀剣番号:KA-710501】

クリックで中心画像一峯と銘を切った茎押形

商品説明

白鞘付刀の外観

詳細データ

  • 銘文:一峯
  • 時代:江戸時代初期(寛永頃)
  •  :近江(滋賀県)
  • 地鉄:板目詰み流れ肌交じる
  • 刃紋:直刃
  • 中心:生ぶ
  • 登録:昭和三十四年 福岡県
  • 鑑定書:特別保存刀剣鑑定書
  • 長さ:61.05cm
  • 反り:1.2cm
  • 元幅:3.26cm
  • 元重ね:0.83cm
  • 先幅:2.43cm
  • 先重ね:0.57cm

※法量には若干誤差がある場合があります

  • 附属:ハバキ、白鞘、鑑定書、登録証
  • 商品番号:KA-710501
  • 価格:980,000円

特徴:佐々木一峯は近江国(滋賀県)の刀工で新刀上作・業物として有名です。一峯は近江石堂派の刀工と呼ばれ、近江国には古刀期に備前一文字助長が蒲生郡石塔寺付近に来住したのでこの名称が起こったと云われています。本作は彼の特色をよく現したもので、身幅広く、重ねが厚く、反りの少ない剛刀姿です。板目が詰み、柾肌が交じる地鉄はよく鍛えられ疵のない美しい肌で、刃は直刃を焼き沸が良く付き小足や喰違刃など現した地刃共に出来の良い刀です。本刀は直刃の良さが解る玄人にお勧めしたい刀です。


詳細画像

佐々木一峯の刀身縦表全景 佐々木一峯の刀身縦裏全景
日本刀・佐々木一峯の鑑定書
日本刀・佐々木一峯の白鞘
日本刀・佐々木一峯の刀身横表
日本刀・佐々木一峯の刀身表1
日本刀・佐々木一峯の刀身表2
日本刀・佐々木一峯の刀身表3
日本刀・佐々木一峯の刀身表4
日本刀・佐々木一峯の刀身表5
日本刀・佐々木一峯の刀身表6
日本刀・佐々木一峯の刀身表7
日本刀・佐々木一峯の刀身表8
日本刀・佐々木一峯の刀身横裏
日本刀・佐々木一峯の刀身裏1
日本刀・佐々木一峯の刀身裏2
日本刀・佐々木一峯の刀身裏3
日本刀・佐々木一峯の刀身裏4
日本刀・佐々木一峯の刀身裏5
日本刀・佐々木一峯の刀身裏6
日本刀・佐々木一峯の刀身裏7
日本刀・佐々木一峯の刀身裏8
日本刀・佐々木一峯の刃文
日本刀・佐々木一峯の鋒
日本刀・佐々木一峯の中心棟1
日本刀・佐々木一峯の中心棟2

ページのトップへ戻る