ナビゲーション

刀:金剛兵衛盛吉

クリックで拡大無銘の茎写真

商品説明

刀剣番号:KA-710504
中心は大磨上げ無銘、中心尻は切り。

金剛兵衛盛吉は筑前国(福岡県)の刀工です。尋常な長さにやや反りがつき中鋒が伸びた姿をしており、地鉄は板目に流れ肌が交じり白け映りが現れます。刃紋は湾れに小互の目・小乱れ・尖り刃を交え、金筋・砂流しかかり、湯走り状の飛焼かかり、ハバキ元は潤み心となります。帽子は表は沸崩れ火焔風に、裏は直ぐ調に掃きかけ小丸に返ります。また、彫物は表裏に横手上からハバキ下に樋を掻き流します。
附属の拵えは、総波濤図金具に、鍔は波に千鳥の図、目貫も波に千鳥を表した大変綺麗な時代の変塗鞘打刀拵となっています。縁は在銘で、美孝 花押とあります。
差裏の横手下七寸辺りに小さな鍛え傷があります。

詳細データ
  • 銘文:無銘
  • 時代:室町時代末期 天正頃
  •  :筑前(福岡県)
  • 地鉄:板目に流れ肌交じる
  • 刃紋:湾れに小互の目交じる
  • 中心:磨上げ、目釘孔二個
  • 登録:昭和六十一年 大阪府
  • 鑑定書:鑑定倶楽部鑑定書
  • 長さ:69.2cm
  • 反り:2.0cm
  • 元幅:3.16cm
  • 元重ね:0.67cm
  • 先幅:2.44cm
  • 先重ね:0.48cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:ハバキ、打刀拵(白鞘なし)、鑑定書、登録証
  • 商品番号:KA-710504
  • 価格:500,000円

詳細画像

金剛兵衛盛吉の刀身縦表全景 金剛兵衛盛吉の刀身縦裏全景
日本刀・金剛兵衛盛吉の白鞘
日本刀・金剛兵衛盛吉の刀身
日本刀・金剛兵衛盛吉の外装
日本刀・金剛兵衛盛吉の鑑定書

ページのトップへ戻る