刀:無銘
【刀剣番号:KA-737061】

クリックで中心画像古刀無銘の茎押形

商品説明

黒呂鞘打刀拵え

詳細データ

  • 銘文:無銘
  • 時代:室町時代〜江戸時代
  •  :大和
  • 地鉄:板目、刃寄り流れる
  • 刃紋:直刃
  • 中心:大磨上げ、目釘孔3個
  • 登録:昭和33年 埼玉県
  • 鑑定書:なし 未審査
  • 刃長:72.0cm
  • 反り:0.8cm
  • 元幅:3.18cm
  • 元重ね:0.69cm
  • 先幅:2.34cm
  • 先重ね:0.6cm

※法量には若干誤差がある場合があります

  • 附属:銅一重ハバキ・白鞘・登録証
  • 商品番号:KA-737061
  • 価格:310,000円 夏休み特価:10%OFF

特徴:大磨上げ無銘の刀で伝末手掻となっています。手掻派は鎌倉時代の大和の鍛冶で、南北朝・室町時代へと繋がっています。また、室町時代からの手掻派を末手掻と呼び慣わしています。
本刀は、身幅広く重ね厚く、反り浅く、地鉄は板目が肌立ち、刃寄りは流れて柾がかります。
体配からは寛文新刀姿にみてとれますが、鎬が柾とはならない処は古刀にも見えて楽しめます。
拵えの鞘は黒呂色で鐺には鍬形鐺が付き尻が張って力強いころがいいですね。


詳細画像

伝末手掻の刀身縦表全景 伝末手掻の刀身縦裏全景
伝末手掻の刀身表全体
刀身裏拡大1
刀身裏拡大2
刀身裏拡大3
刀身裏拡大4
刀身裏拡大5
刀身裏拡大6
刀身裏拡大7
刀身裏拡大8
刀身裏拡大9
刀身裏拡大10
伝末手掻の刀身裏全体
刀身表拡大1
刀身表拡大2
刀身表拡大3
刀身表拡大4
刀身表拡大5
刀身表拡大6
刀身表拡大7
刀身表拡大8
刀身表拡大9
刀身表拡大10
伝末手掻の刃紋拡大
鋒棟拡大
中心棟拡大1
中心棟拡大2
拵え表
拵え裏
拵え縦裏 拵え縦表
鍔

ページのトップへ戻る