刀:宇多国房
【刀剣番号:KA-737071】

クリックで中心画像古刀無銘の茎押形

商品説明

白鞘に入った宇多国房の刀

詳細データ

  • 銘文:宇多国房
  • 時代:室町時代初期 康正頃
  •  :越中
  • 地鉄:板目詰む
  • 刃紋:湾れ
  • 中心:磨上げ、目釘孔1個
  • 登録:昭和29年 静岡県
  • 鑑定書:日本刀剣保存会
  • 刃長:二尺二寸六分
  • 反り:六分
  • 元幅:3.0cm
  • 元重ね:0.63cm
  • 先幅:2.46cm
  • 先重ね:0.48cm

※法量には若干誤差がある場合があります

  • 附属:金着せ二重ハバキ・白鞘・登録証
  • 商品番号:KA-737071
  • 価格:380,000円

特徴:宇多派は、鎌倉時代末期の文保(1317)頃、大和国宇陀郡より越中国へ移住し一派を興した刀工群です。一派の中でも国房は代表格といえる刀工です。
宇多派の鍛えは板目が肌立って鉄色が北国物の特色と云える黒味を帯びるものが多く見られれますが、その中にあって国房の鍛えは比較的詰み心となって明るく冴えるものが多いです。
また、宇多一派は室町時代末期頃まで続いていますが、鎌倉期から南北朝期のものを古宇多と汎称しています。
本作は、時代を室町時代の康正(1455)頃と鑑定され、室町時代初期になります。
刀身の研磨状態は頗る良好で、鑑賞用の刀です。


詳細画像

宇多国房の鑑定書
宇多国房の刀身縦表全景 宇多国房の刀身縦裏全景
宇多国房の刀身表全体
刀身表拡大1
刀身表拡大2
刀身表拡大3
刀身表拡大4
刀身表拡大5
刀身表拡大6
刀身表拡大7
刀身表拡大8
刀身表拡大9
宇多国房の刀身裏全体
刀身裏拡大1
刀身裏拡大2
刀身裏拡大3
刀身裏拡大4
刀身裏拡大5
刀身裏拡大6
刀身裏拡大7
刀身裏拡大8
刀身裏拡大9
宇多国房の刃紋拡大
鋒棟拡大
中心棟拡大1
中心棟拡大2
白鞘

ページのトップへ戻る