ナビゲーション

刀:無銘(小反り)

クリックで拡大無銘の茎写真

商品説明

刀剣番号:KA-737101
中心尻は浅い栗尻の大名磨上げ。目釘孔4個は名刀の貫禄。

特徴:大名家伝来の大磨上げ無銘となった、南北朝時代、備前長船の小反りの刀です。
刀の登録は昭和26年3月頃(31日)から一般登録が始まりますが、それより以前の昭和26年1月30日登録の本刀は所謂大名登録と云われる刀です。
南北朝時代の備前長船にあっては、長船派の兼光とその一門や長義・元重・大宮などがあり、また、これらの系統以外にも多くの長船鍛冶がいて、その中に小反りと呼ばれる一類が活躍しています。
小反り物には、秀光など重要文化財に指定されている物や、また、重要刀剣にも多くが指定されています。
現在、小反りについての定説はなく、刃がこずむとか、大太刀に対する小振りな太刀であるとか解されるようです。
南北朝時代の刀は数少なく、貴重な一振りです。

詳細データ
  • 銘文:無銘
  • 時代:南北朝時代
  •  :備前
  • 地鉄:板目
  • 刃紋:互の目
  • 中心:大磨上げ、目釘孔4個
  • 登録:昭和26年1月 千葉県
  • 鑑定書:特別保存刀剣
  • 刃長:二尺〇寸一分
  • 反り:五分
  • 元幅:2.96cm
  • 元重ね:0.57cm
  • 先幅:2.53cm
  • 先重ね:0.48cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:銅一重ハバキ・白鞘・登録証
  • 商品番号:KA-737101
  • 期間限定特価:390,000円価格:450,000円
売却済み品切れ

詳細画像

小反りの鑑定書
小反りの刀身縦表全景 小反りの刀身縦裏全景
小反りの刀身表全体
刀身裏拡大1
刀身裏拡大2
刀身裏拡大3
刀身裏拡大4
小反りの刀身裏全体
刀身表拡大1
刀身表拡大2
刀身表拡大3
刀身表拡大4
小反りの刃紋拡大
鋒棟拡大
中心棟拡大1
中心棟拡大2
白鞘

ページのトップへ戻る