ナビゲーション

刀:無銘(伝末加州)

クリックで拡大無銘の茎写真

商品説明

刀剣番号:KA-738102

特徴:加賀には南北朝から朝古当麻や藤島系がいますが、室町時代後期の加賀には、備中青江に似た作がある加賀青江と呼ばれる家次や、家重・家永等の「家」を冠する刀工が存在しています。更に新刀期に入り初代家重は新刀陀羅尼派の祖と言われています。
本刀は、室町時代後期の刀で、身幅広く鎬の高い造込みです。刃長は二尺二寸九分とほぼ定寸で居合用に樋が掻いてあり、刀身重量は裸身で約640gと軽く、居合刀として使い易いと思います。拵えは近年の作で、柄は牛革巻きで手に馴染みやすく、鞘は金の梨子地でとても綺麗であり、居合用に誂えたものです。

刀身データ
  • 銘文:無銘
  • 時代:室町時代
  •  :加賀
  • 地鉄:小板目
  • 刃紋:直湾れ小乱
  • 中心:区送り、目釘孔3個
  • 登録:昭和56年 長野県
  • 鑑定書:なし
  • 刃長:69.4cm
  • 反り:1.8cm
  • 元幅:3.18cm
  • 元重ね:0.8cm
  • 先幅:2.43cm
  • 先重ね:0.55cm
  • 重さ:640g(裸身)
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:銀着せ一重ハバキ・打刀拵・登録証
在庫あり

詳細画像

末加州の刀身縦表全景末加州の刀身縦裏全景
末加州の刀身表全体
刀身裏拡大1 刀身裏拡大2 刀身裏拡大3 刀身裏拡大4 刀身裏拡大5
末加州の刀身裏全体
刀身表拡大1 刀身表拡大2 刀身表拡大3 刀身表拡大4 刀身表拡大5
末加州の刃紋拡大
鋒棟拡大
中心棟拡大1
中心棟拡大2
拵え縦表全景拵え縦裏全景
拵表
拵裏
頭 縁
ハバキ表 ハバキ棟

鍔

注文方法

購入方法についての詳細は、こちらの購入についてをご覧ください。

注番:KA-738102

価格:290,000円

ご注文はこちらから
ページのトップへ戻る