ナビゲーション

短刀:兼国

クリックで拡大兼国の茎写真

商品説明(委託品)

刀剣番号:KA-738111

特徴:室町時代の美濃国で鍛刀した兼国の短刀です。刃長は七寸三分の小振りで三ツ棟の造りです。
兼国銘の刀工は関系の鍛冶で、室町初期より見られ、後期まで同銘が数代続いていおり特定は難しいですが、末関によく見られる姿と云えます。
附属の外装は刀身より大きく見せた造りで、拵の全長は55cmあります。また、一作の鉄金具は、縁・頭は勿論のこと、鍔・鯉口・栗型・鐺までも揃った貴重なもので、良い拵えです。

刀身データ
  • 銘文:兼國
  • 時代:室町時代
  •  :美濃
  • 地鉄:板目に流れ肌交じる
  • 刃紋:互の目
  • 中心:生ぶ、目釘孔2個
  • 登録:昭和46年 兵庫県
  • 鑑定書:保存刀剣鑑定書
  • 刃長:22.1cm
  • 反り:なし
  • 元幅:2.87cm
  • 元重ね:0.6cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:一重ハバキ・小柄・白鞘・短刀拵・鑑定書・登録証
在庫あり

詳細画像

兼国の鑑定書
兼国の刀身縦表全景兼国の刀身縦裏全景
兼国の刀身表全体
刀身裏拡大1
刀身裏拡大2
兼国の刀身裏全体
刀身表拡大1
刀身表拡大2
兼国の刃紋拡大
鋒棟拡大
中心棟拡大1
中心棟拡大2
拵え縦表全景拵え縦裏全景
鍔
拵表
拵裏
白鞘

注文方法

購入方法についての詳細は、こちらの購入についてをご覧ください。

注番:KA-738111

価格:320,000円
ご予約中

ページのトップへ戻る