ナビゲーション

刀:肥前正広

クリックで拡大正広の茎写真

商品説明

刀剣番号:KA-739023
附打刀拵

特徴:本刀は、抜群の技倆を持ち、鍋島家の御用鍛冶を勤めた初代河内大掾正広を祖とし、その後代となる江戸時代後期の正広です。受領銘があるのは五代迄で、受領銘がなく肥前國正広と五字に銘を切るのは基本的には六代以降になります。また、、正広は明治の廃刀令が出る頃まで続いています。
本刀は、肥前刀独特の肌と言われる小糠肌の鍛えに、小沸が均一に付いた直刃を焼き、見る人に清々しさを感じさせます。また、身幅広く重ねの厚く、鋒の延びた豪壮な造込みですが、肥前刀特有の反りのある美しい姿は万人がそれを感じます。

刀身データ
  • 銘文:肥前國正廣
  • 時代:江御時代後期
  •  :肥前
  • 地鉄:小糠肌
  • 刃紋:直刃
  • 中心:生ぶ、目釘孔1個
  • 登録:昭和26年 東京都
  • 鑑定書:なし
  • 刃長:66.05cm
  • 反り:2.12cm
  • 元幅:3.24cm
  • 元重ね:0.79cm
  • 先幅:2.6cm
  • 先重ね:0.64cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:銀着せ一重ハバキ・打刀拵・登録証
在庫あり

詳細画像

正広の刀身縦表全景正広の刀身縦裏全景
正広の刀身表全体
刀身裏拡大1 刀身裏拡大2 刀身裏拡大3 刀身裏拡大4 刀身裏拡大5
正広の刀身裏全体
刀身表拡大1 刀身表拡大2 刀身表拡大3 刀身表拡大4 刀身表拡大5
正広の刃紋拡大
鋒棟拡大
中心棟拡大1
中心棟拡大2
拵え縦表全景拵え縦裏全景
柄前
拵表
拵裏
頭縁目貫
ハバキ
鍔

注文方法

購入方法についての詳細は、こちらの購入についてをご覧ください。

注番:KA-739023

準備中

ページのトップへ戻る