ナビゲーション

刀:無銘(正秀)

クリックで拡大正秀の茎写真

商品説明

刀剣番号:KA-739024
附打刀拵

特徴:本刀は、種別では脇差しとなっていますが、所謂、寸延び短刀と云われるものです。また、本作の造込みは鵜首造りと称されるもので、横手辺から棟を大きく削いでいるところが特徴です。
中心に漆で書かれた朱銘は大分が剥げ落ち、正秀と判読出来ない状態となっています。
作品は、新々刀期特有の無地風によく詰んだ地鉄に、直ぐ調の小互の目を焼き、鎬には飛焼かかり、鵜首造りと相俟って力強さが感じられる出来です。
外装は、四分一の金具に雲図を彫った、頭・縁・鐺が一作であり、目貫は虎の図、また、鞘には返角が付いたよい短刀拵です。

刀身データ
  • 銘文:正秀花押(朱銘)
  • 時代:江戸時代後期
  •  :武蔵
  • 地鉄:小板目詰む
  • 刃紋:小互の目
  • 中心:生ぶ、目釘孔1個
  • 登録:昭和59年 広島県
  • 鑑定書:なし
  • 刃長:31.3cm
  • 反り:0.3cm
  • 元幅:3.08cm
  • 元重ね:0.81cm
  • 先幅:2.45cm
  • 先重ね:0.58cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:銀着せ一重ハバキ・短刀拵・登録証
在庫あり

詳細画像

正秀の刀身縦表全景正秀の刀身縦裏全景
正秀の刀身表全体
刀身裏拡大1 刀身裏拡大2 刀身裏拡大3
正秀の刀身裏全体
刀身表拡大1 刀身表拡大2 刀身表拡大3
正秀の刃紋拡大
鋒棟拡大
中心棟拡大1
中心棟拡大2
拵え縦表全景拵え縦裏全景
拵表
拵裏
頭縁目貫
ハバキ
鍔

注文方法

購入方法についての詳細は、こちらの購入についてをご覧ください。

注番:KA-739024

準備中

ページのトップへ戻る