ナビゲーション

刀:無銘

クリックで拡大無銘の茎写真

商品説明

刀剣番号:KA-739081

特徴:大磨上げ無銘の刀です。中心に開いた四つの目釘孔にはどの様なドラマが、また、歴史があったのでしょうか。そのようなことを考え思いを過去に馳せさてくれます。恐らく室町時代末期から江戸時代初期頃に美濃の関から各地へと移住した刀工の一人ではないかと思います。その頃には、山城の鞍馬や、尾張の志賀、また、越前等へと関から多くの刀工が移っています。また、古刀期から新々刀期まで美濃では寿命がおり、美濃系の極め処にもなっています。本刀も刃紋に美濃風の処を見せおり、出入りに高低のある互の目を焼いて兼房乱れのような刃や、また、尖り刃を交え処々湯走りが現れます。鑑定書は付いていませんが、保存刀剣の審査に合格を保証します。
附属の拵えは半太刀拵で、金具は波紋を表し、鞘には青貝を散らしています。また、柄には猿手が付き、中央には7cmもある大きな龍の目貫を据えており、総じて装飾性の高い拵えです。

刀身データ
  • 銘文:無銘
  • 時代:江戸時代初期
  •  :美濃
  • 地鉄:小板目
  • 刃紋:互の目乱れ
  • 中心:大磨上げ、目釘孔4個
  • 登録:平成2年 東京都
  • 鑑定書:なし
  • 刃長:67.4cm
  • 反り:1.4cm
  • 元幅:2.95cm
  • 元重ね:0.62cm
  • 先幅:2.44cm
  • 先重ね:0.52cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:二重ハバキ・半太刀拵・登録証
在庫あり

詳細画像

美濃伝の刀身縦表全景美濃伝の刀身縦裏全景
美濃伝の刀身表全体
刀身裏拡大1 刀身裏拡大2 刀身裏拡大3 刀身裏拡大4 刀身裏拡大5
美濃伝の刀身裏全体
刀身表拡大1 刀身表拡大2 刀身表拡大3 刀身表拡大4 刀身表拡大5
美濃伝の刃紋拡大
鋒棟拡大
中心棟拡大1
中心棟拡大2
拵え縦表全景拵え縦裏全景
ハバキ
鍔
拵表
拵裏

注文方法

購入方法についての詳細は、こちらの購入についてをご覧ください。

注番:KA-739081

価格:430,000円

ページのトップへ戻る