ナビゲーション

刀:無銘(弥門直勝)

クリックで拡大直勝の茎写真

商品説明

刀剣番号:KA-739091

特徴:弥門直勝と極められた刀です。直勝は、大慶直胤の門人で後に養子となった初代次郎太郎直勝の子で、備前伝を得意とし幕末に活躍した刀工です。本作は、身幅広く鋒は延び、横手上より樋を掻き通した姿は南北朝期の大磨上げ無銘の刀を想起させる姿をしており、焼刃は互の目に湾れを交え匂口にバサケ心があり、砂流しがよく掛かります。地鉄は板目がやや肌立ち心となり、古作の志津を思わせる出来で、特別貴重刀剣の認定書付です。
指裏の横手付近にヒケがありますが錆びや鍛え傷ではありません。
また、附属の黒呂色塗鞘打刀拵は、縁・頭は秋草虫図で貴重小道具の認定書が付いております。また、居合の稽古用としても向いています。

刀身データ
  • 銘文:無銘
  • 時代:江戸時代末期
  •  :武蔵
  • 地鉄:板目
  • 刃紋:互の目乱れ
  • 中心:生ぶ、目釘孔4個
  • 登録:昭和40年 東京都
  • 鑑定書:特別貴重刀剣・貴重小道具認定書
  • 刃長:70.6cm
  • 反り:1.5cm
  • 元幅:3.09cm
  • 元重ね:0.67cm
  • 先幅:2.48cm
  • 先重ね:0.56cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:一重ハバキ・打刀拵・認定書・登録証
在庫あり

詳細画像

弥門直勝の鑑定書
弥門直勝の刀身縦表全景弥門直勝の刀身縦裏全景
弥門直勝の刀身表全体
刀身裏拡大1 刀身裏拡大2 刀身裏拡大3 刀身裏拡大4 刀身裏拡大5
弥門直勝の刀身裏全体
刀身表拡大1 刀身表拡大2 刀身表拡大3 刀身表拡大4 刀身表拡大5
弥門直勝の刃紋拡大
鋒棟拡大
中心棟拡大1
中心棟拡大2
打刀拵の鑑定書
拵え縦表全景拵え縦裏全景
ハバキ
鍔
拵表
拵裏

注文方法

購入方法についての詳細は、こちらの購入についてをご覧ください。

注番:KA-739091

準備中

ページのトップへ戻る