ナビゲーション

刀:金房政次

クリックで拡大政次の茎写真

商品説明

刀剣番号:KA-750021

特徴:政次は金房一派を代表する刀工の一人です。金房は大和鍛冶ですが系統を明確にする資料が少なく、また、概して伝統的な大和物とは稍異なっているようで、一派の銘には兵衛尉・隼人丞・左衛門尉等の官職名を冠しているものが多くいます。作柄は重量感のある段平姿のもので、戦国の時代に適った実用刀と云われています。本刀は、鎬が高く、身幅広く鋒は大きく延び段平姿を呈し、桃山時代の末古刀と直感出来るもので、野趣と覇気に富んでいます。また、この一派は金房を姓のように用いていますが、工房のうような鍛冶集団として使っていたようです。
附属の拵えは半太刀拵で、鞘は布を巻いて漆を掛けた造りで、如何にも野趣に富み、戦国武将の武骨さを表している拵えです。
注)柄の目釘穴が大きくなっています。

刀身データ
  • 銘文:南都住金房兵衛尉政次
  • 時代:室町時代後期
  •  :大和
  • 地鉄:小板目
  • 刃紋:互の目乱れ
  • 中心:生ぶ、目釘孔1個
  • 登録:平成2年 東京都
  • 鑑定書:特別保存刀剣鑑定書
  • 刃長:68.6cm
  • 反り:1.4cm
  • 元幅:3.05cm
  • 元重ね:0.66cm
  • 先幅:2.62cm
  • 先重ね:0.54cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:金着せ一重ハバキ・白鞘・半太刀拵・特別保存刀剣鑑定書・登録証
在庫あり

詳細画像

金房政次の鑑定書
金房政次の刀身縦表全景金房政次の刀身縦裏全景
金房政次の刀身表全体
刀身裏拡大1 刀身裏拡大2 刀身裏拡大3 刀身裏拡大4 刀身裏拡大5
金房政次の刀身裏全体
刀身表拡大1 刀身表拡大2 刀身表拡大3 刀身表拡大4 刀身表拡大5
金房政次の刃紋拡大
鋒棟拡大
中心棟拡大1
中心棟拡大2
拵え縦表全景拵え縦裏全景
ハバキ
鍔
拵表
拵裏

注文方法

購入方法についての詳細は、こちらの購入についてをご覧ください。

注番:KA-750021

価格:1,100,000円

ご注文はこちらから
ページのトップへ戻る