ナビゲーション

刀:無銘

クリックで拡大兼道の茎写真

商品説明

刀剣番号:KA-750022

特徴:兼道は、京初代丹波守吉道の子で銘を直道・兼道と改めており、中心裏に菊紋と一を切るものが多いです。寛永二年に丹後守を受領しほどなく大坂に移住しています。作柄は一派独特の簾刃も焼きますが、互の目丁子刃も焼き、本作も後者の冴えた刃を焼いています。また、姿は元に復せば豪壮な刀身であったことが窺え、磨上げてもなお身幅は元幅広く、元先に幅差が見られ、浅く反りのついた、所謂寛文新刀の体配を呈している処から兼道の晩年頃の作と思われます。鍛えは小板目肌で、鎬は一般的な新刀に見る柾ではなく、古刀に見る平地と同じ肌をしており、恐らくは甲伏鍛えで以て製作したものであろうと思われます。
外装は朱鞘の糸巻陣太刀拵であり、朱色の鞘に真鍮一作の金具の輝きとで、製作当時は派手な拵えであったと感じられます。

刀身データ
  • 銘文:一 丹後 以下切レ菊紋 以南蛮 以下切レ
  • 時代:江戸時代初期
  •  :摂津
  • 地鉄:小板目
  • 刃紋:互の目乱れ
  • 中心:磨上げ、目釘孔2個
  • 登録:平成2年 東京都
  • 鑑定書:なし
  • 刃長:67.5cm
  • 反り:0.8cm
  • 元幅:3.16cm
  • 元重ね:0.67cm
  • 先幅:2.56cm
  • 先重ね:0.55cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:一重ハバキ・白鞘・太刀拵・登録証
在庫あり

詳細画像

丹後守兼道の刀身縦表全景丹後守兼道の刀身縦裏全景
丹後守兼道の刀身表全体
刀身裏拡大1 刀身裏拡大2 刀身裏拡大3 刀身裏拡大4 刀身裏拡大5
丹後守兼道の刀身裏全体
刀身表拡大1 刀身表拡大2 刀身表拡大3 刀身表拡大4 刀身表拡大5
丹後守兼道の刃紋拡大
鋒棟拡大
中心棟拡大1
中心棟拡大2
拵え縦表全景拵え縦裏全景
ハバキ
鍔
拵表
拵裏

注文方法

購入方法についての詳細は、こちらの購入についてをご覧ください。

注番:KA-750022

価格:準備中

ページのトップへ戻る