ナビゲーション

刀:井上和泉守国貞(井上真改)

クリックで拡大国貞の茎写真

商品説明(委託品)

刀剣番号:KA-753011

特徴:真改は、初代和泉守国貞の次男で、八郎兵衛といいます。新刀最上作です。国貞の寛文十二年八月日には、国貞銘と真改銘の両方があり、この期以降に改名しており、本作は真改と改名する直前の刀です。
付属の打刀拵は、縁・頭は義明在銘の一作で、鍔は赤銅の木瓜形の華やかな拵えで、特別保存刀装具鑑定書が付いています。

刀身データ
  • 銘文:井上和泉守国貞(菊紋) 寛文十二年八月日
  • 時代:江戸時代初期
  •  :摂津
  • 地鉄:小板目
  • 刃紋:湾れ
  • 中心:生ぶ、目釘孔2個
  • 登録:昭和47年 東京都
  • 鑑定書:特別保存刀剣鑑定書
    特別保存刀装具鑑定書
  • 刃長:63.5cm
  • 反り:1.5cm
  • 元幅:3.22cm
  • 元重ね:0.7cm
  • 先幅:2.35cm
  • 先重ね:0.53cm
※法量には若干誤差がある場合があります
  • 附属:一重ハバキ・白鞘・打刀拵・特別保存刀剣鑑定書・特別保存刀装具鑑定書・登録証
在庫あり

詳細画像

井上真改の刀の鑑定書
井上真改の拵えの鑑定書
井上真改の刀身縦表全景井上真改の刀身縦裏全景
拵え縦表全景拵え縦裏全景
白鞘縦表全景白鞘縦裏全景
井上真改の刀身表全体
刀身裏拡大1 刀身裏拡大2 刀身裏拡大3 刀身裏拡大4 刀身裏拡大5
刀身裏拡大6
井上真改の刀身裏全体
刀身表拡大1 刀身表拡大2 刀身表拡大3 刀身表拡大4 刀身表拡大5
刀身表拡大6
井上真改の刃紋拡大
鋒棟拡大
中心棟拡大1
中心棟拡大2
ハバキ表 ハバキ棟方 ハバキ裏 ハバキ刃方
鍔表鍔鍔裏鍔
柄前
拵表
拵裏
白鞘表
白鞘裏

注文方法

購入方法についての詳細は、こちらの購入についてをご覧ください。

注番:KA-753011

価格:2,450,000円

ご注文はこちらから
ページのトップへ戻る