ナビゲーション

「介(すけ)」受領刀工

「介」は官職の位を表す名で、国司の四等官名の内で第二等官を指します。この官職は刀工では少ないです。

【上総介】

  • 上総介兼重

    銘文:上総介兼重時代:江戸時代前期刃長:50.0cm 反り:0.6cm特別保存刀剣鑑定書付

    コメント:兼重は江戸時代寛文期を代表する江戸の刀工の一人で、長曽祢乕徹に化けると云われる名工です。

    価格:品切れ

【備前介】

  • 0件

【美濃介】

  • 0件

ページのトップへ戻る