新型コロナウィルスワクチンの副反応

先日、新型コロナウィルスワクチンの2回目接種を受けました。接種順位は65歳以上で、1回目の接種は6日に受けました。1回目の接種による副反応は、翌日に接種部位に痛みが感じられ、接種した左腕を上げると若干痛みがありました。それ以外には特になく、接種後の翌々日にはその痛みは消えていました。
しかし、2回目の接種後の副反応は聞きしにまさるもので、翌日になると、接種部位の痛みは1回目の時よりも強く、更に発熱と倦怠感があり、仕事が出来る状態ではありません。起きている事すら大変で、ひたすら寝て回復を待つことになりました。翌々日になると、熱は下がり、倦怠感も回復傾向になりましたが、接種部位の痛みと、接種部位近くの胸の筋肉に痛みが残っていて本調子ではありません。それでも、22時を過ぎた頃には倦怠感はなくなり、胸の筋肉の痛みも消え、左腕を上げると接種部位が若干痛む程度まで回復しました。接種から3日後の明日には元の状態に戻るでしょう。
特に若い方は接種後の副反応が大きいですから大変でしょう。従って事前の準備が大切です。特に一人暮らしの方は、食事は調理の必要がない、おにぎり等を用意しておくとよいでしょう。

初めてトマトの栽培に挑戦しました

トマトの栽培を始めて一ヶ月が経ちました。トマト苗30cm位に成長した苗を植えたのが、現在では153cmまでに成長しました。近所では今年のトマトは全滅した、との話を数軒の方が言ってました。梅雨入りが早いため、雨で根腐れとなり葉が黒くなり枯れてしまうようです。トマトの栽培では、直接雨に打たれないように、苗に覆いをする方がよいようです。私が植えた苗も雨ざらしの状態でしたので、葉が黒くなってしまう現象が出始めました。梅雨明けまではパラソルを立てるなどして応急処置をしましたが、今のところ、青いトマトの実が三個成っています。今後はどうなるものかこのまま成長を見守っていきます。トマトの実