軍刀にも魅力はある

最近軍刀の良い物を入手しました、二唐の刀です。二唐は父の義信と、その子国俊は軍刀鍛冶として活躍をしていました。戦後、国俊は再び刀匠の道を歩み、無鑑査と刀匠となり、現代刀匠の名人となっています。

軍刀コレクターの間で好まれるものは、九四式などの軍刀拵えと刀身が一体になったものが大半です。裏を返せば軍刀と云っても刀身のみでは興味が無いと云うことでしょう。
確かに軍刀の刀身のみ取ってみれば、中には鍛錬をしていない素延べしただけの刀の様な物もあり、美術的に云っても作刀方法から云っても価値の低い刀が存在していることも事実です。勿論、無銘の刀などは論外です。
しかし、軍刀は折れず曲がらず斬れることが大前提の刀であることから、中でも陸軍などの厳しい試験に合格した刀は素晴らしいものであることは間違いないと思います。
それから比べると果たして現在製作されている所謂現代刀は当時の軍刀に勝る物でしょうか。見た目は華やかに如何にも美術品らしいですが、刀本来の折れず曲がらず斬れると云う基本的なことは大丈夫でしょうか。恐らく殆どが荒試しなどのような荒っぽい試験をすることはないでしょう。ややもすると民芸品などと思われてはなりません。
軍刀の中でミリタリー規格を満足する刀には良い物があります。やはり一般の軍刀とは違いがあります。
姿形では一般のものは、元先の幅差が開き中鋒でふくらの張るものが多く見られ、殆どの中心には年紀を切ったものはありません。
よいものは身幅広く元先の幅差がさまで開かず、鋒が延びごころの姿をしています。また、中心の裏には必ず年紀を切り添えています。また、上手と云われる刀工たちは江戸時代から続く刀鍛冶でもあり、鎌倉時代の刀を範としたと思われる直刃を上手に焼いています。
ですから、こうした美術的にも価値のある軍刀にもっと光を当てたいものです。

軍刀拵えの紛い物の実体

軍刀はコレクター人工も多く人気のあるアイテムです。
しかし、状態の良い拵えを手に入れようと思ってもなかなか難しくなってきました。変わりに紛い物が横行するようになり、特にオークションでの販売には注意が必要です。
最近、粉い物を見つけました。鉄鞘では製作が難しいのでしょう、木鞘で野戦用の革覆いの付いた九八式軍刀拵えです。
粉い物は金具などが粗悪な作りですが、本物を見ていないと騙されるのです。大体、柄が新しく感じられ、鮫革が新しく鮫革も新しい物には要注意です。

粗悪な鍔まず、鍔をよく見ると、まず基本的には作るのに手間が掛かる透かし鍔ではありません。金鍍金が経年にも関わらず妙に新しいこと、また、型が悪いのか、鋳造技術がないのか切羽台の形が崩れています。
また、鍔の前後に入っている黒い大切羽は材質が鉄製のものを使っていることにも驚きます。

兜金の頭兜金は横から見ると一見問題なそうですが、頭の先の作りが雑でです。
まず、桜花葉の両サイドはエッジがたっているのですが、この金具はエッジが立っていなく、更に桜花葉を貼った部分の下側先端に穴があいているのがわかります。

縁金も刃方の接合部分の処理が雑ですね、深さが違うのか接合がズレているのが見てわかります。
また、駐爪ボタンの穴にはバリが残っていて粗末な仕事をしています。

目貫桜花の目貫も違います。やはり作りがあまいですね、立体感がなくエッジも立っていません。
本物の目貫の桜花は反り返っているように力強いですが、これは花びらの反りがなくダレた様な感じになっています。

一見本物のように見える拵えですが、このように詳しく見ていくと紛い物であることがわかるものです。おかしな処が一箇所でもあれば、疑って見ることが必要で、特にインターネットでの取引では、画像だけでは判断できませんから返品の出来ないサイトからの購入は控えたた方が賢明でしょう。