居合用現代刀の相場は

先日、ある刀剣鑑賞会に参加した時のことですが、刀鍛冶の方とお話しをする機会がありました。話しとは、注文による居合刀の作刀の事ので、いま、居合刀を注文製作したら幾らが相場なのかということです。
結論から言うと、居合刀を注文製作した場合、2尺3寸の刀が打ち下ろしで20万円が相場だそうです。
そこから、刀身の研ぎ代、ハバキ代、打刀拵え製作費等を込みにすると完成品として40万円と言うことです。ですが、もし刀身に傷が出ていたら返品されてしまうのだそうです。
打ち下ろし後の研ぎで傷がでたら返品ですからねー、傷が出てしまったら安値で刀剣業者に流すしかなく、結構きついですと言っていました。
もっとも、打ち下ろしの刀で契約するなどしたら品質保証が無しのようになるので、ある意味で無責任な注文製作と言われてしまうことにもなりかねません。
刀は肌物、傷が出るのは当たり前などと言うようでは、自ら刀工としての未熟さをさらけ出している事に他ならず、三流と言われてしまいますよね。
現実問題として、刀匠が製作できる刀の数は月に2振りまでですから、炭代、材料費、設備の減価償却等を考えれば一振り20万円では生活して行くには大変そうです。
昨今の刀剣価格の下落状況では古い刀が安いため、現代刀匠に新たに刀の製作を依頼し居合刀を注文製作するよりも、中古の居合刀を購入した方が格安となっているので、値段を下げて対応するしかないのが現状のようです。
作刀の技術を向上させるには数多く打つしかなく、我慢と修練の道です。

良い刀は勉強しないと買えません

刀剣市場では同業間で様々な話や情報交換などもあります。その他店の方との会話の中で、最上作や上々作でない、所謂、この位の刀でしたら何処の店にも置いてあるので、買値は上がらないですねなどと、入札の話をしていました。
特に白鞘入りだけの物では売れないと言う現状は何処の店舗でも同じようにあるようで、そう言った言葉が出るのです。
昔の刀好きの人はよく勉強していた。従って刀の良し悪しが分かる人が多かった。ですから外装のあるなしに関係なく白鞘だけでもよく買っていました。
しかし、昨今の刀を買う若い人は刀の勉強をしないと嘆いていました。結局、刀が見えないから、ネット情報で調べた大銘のものや外装にとらわれてしまうようであり、若い人の刀離れと共に趣向も変わってきたようです。
今の若い人は、大銘で拵えが付いた安い物を探しているのでしょうが、そんな刀が有るはずがないのです。
刀は勉強しないと良い物を買えません。初めて買った刀は購入願望が強いためそれで良いですが、その刀を基に刀剣の勉強して頂き、次は更に出来の良い刀へとステップアップして頂ければ幸いです。

第2回・多摩の名刀展

5月6日(月・祝)に東京都昭島市のフォレスト・イン昭和館に於いて、昭和の森芸術文化振興会主催の刀剣展示会が行われ、今回は第2回となりました。
かじやヒロシも協賛という形で、第1回に続き今回も展示会の設営等で協力させて頂きました。

展示会場の桜林の間

会場は宴会場にも使われているホテルの一室で、床はジュウタン天井にはシャンデリアがあるなど大変豪華な雰囲気のある部屋での開催です。結婚式及び披露宴を行われる当館は、刀剣女子にとっても魅力のある会場ではないでしょうか。
当日は、10連休のゴールデンウィーク最終日に行われ、連休中の行楽疲れを取る日としても、のんびりと42振りの刀剣や、甲冑・火縄銃・刀装・刀装具等の鑑賞が出来たのではないでしょうか。
また、多摩の郷土刀としての下原刀の展示や講演もあり盛況でした。

安価な刀こそ拵が必要

近年、刀の販売では拵が付いているものに人気が集中することもあり、特に価格の安い物には拵がついて無いと、販売が厳しい状況となっています。
特に、戦時中作られた軍刀で、軍刀外装の無い刀身は刃長が短めのこともあり、打刀拵が必要です。
安価な刀身には安価な拵が必要となって来るのが道理です。縁・頭・目貫・鍔と云った金具から、柄・鞘に至るまで全てがコストダウンの対象です。
これには、模造刀の刀身を使った居合刀の拵と同等な造りがあります。
金具は時代の物は使わず量産品の新物を使い、鞘の塗りは漆でなくアクリル塗料を使用することや、柄に巻く柄糸は正絹ではなく木綿を使ったりもします。
特に柄の構造では、本造りの場合は中心(なかご)の表裏を、柄木を合わせる作り方になりますが、模造刀用の場合は刃方と棟方とに分けて作り、これを合わせる作り方である処に大きな違いがあります。この方法は、恐らく機械加工が容易であるからではないかと思います。
こうしてコストダウンを行い安価を実現しています。
最上作の様な高価な刀は、刀自体で価値があり、刀身を楽しむことが出来ますが、寧ろ、安価な刀に拵を付けることでその付加価値は大きく上がり、更に侍文化を味わえる楽しさを実感する事が出来るのです。

日本刀の買取り値段を決める評価のしかた

刀の買取をお願いする場合知っておきたい刀の評価があります。
現在、刀は美術品としてその価値を高く評価されています。その価値は、刀の査定を行うに当たって減点法で算出されるもので、ここで確認しましょう。

刀剣には古来より刀剣研究家や鑑定家の評価で出来上がった番付があり、大業物・業物とか、最上作・上々作・上作等に区分されおり、刀の価値もその番付に依り評価されていて変わることはありません。従って、誰の作品であるかが大事で、銘の無い無銘のものは当然価値が下がります。

1, 第一が「刃切れ」で評価は最低です。これは刀剣の製作工程で焼き入れの際に刃に割れが入る現象で、刃切れがあると基本的に買取できない刀です。これは素人には見つけることが難しく、刃中にヒケ傷があれば確認は不可能です。日本美術刀剣保存協会では、刀剣審査に当たり、まず、刃切れの有無を確認します。

2, 次ぎに何時の時代に作られたものかです。当然ながら古い時代に製作された刀の方が価値が高くなる傾向にあります。特に、昭和の戦時中に造られた刀で、所謂、軍刀と言われるものの価値は相当低くなります。

3, 次ぎに銘の真贋で、鑑定書の有無によっても評価が変わります。鑑定書は日本美術刀剣保存会の保存刀健鑑定書・特別保存刀剣鑑定書以上が付いていると評価されます。しかし、鑑定書の無いものや、その他の鑑定書や認定書では、評価が下がる場合があります。

4, 次は刃紋です。刃紋には大きく言って、乱れ刃と直刃があります。人気があるのは乱れ刃で、比較すれば乱れ刃の方が高値になります。また、刃紋はその刀工の技倆の現れるところでもあり、刀剣の知識がないと素人では評価することは難しい事です。元から先まで均一の出来が望まれますが、出来にムラがあったり、刃が途中が消えていたりすると評価はさがります。

5, 次は傷です。これには鍛え傷・ヒケ傷等がり、傷は美術的価値を下げる要因となっています。この傷は大きさと何処の部分に出るかで違ってきますが、刃中に出る傷は最悪で、次ぎに平地、そして鎬の順ですが、そのは大きさによります。
刀は折返し鍛錬して造られるものですから、その工程で鍛接が不十分であった部分が現れるもので、表面や内部に傷となって現れます。表面に現れた鍛え傷は、研ぎを行うことによって取れるものと、逆に更に傷口が広がる場合のものがあります。

6, 次は健全性です。綺麗に研ぎ上がっていても、過去から幾度も幾度も研ぎを繰り返され、今では刀身が痩せ、身幅や重ねが細く薄くなっている状態です。平地には内部の芯鉄が出ているものもあり、これも美術刀剣としての価値は相当下がります。

7, 次は誰でも分かる刃こぼれと錆びです。これは美術品としての価値を取り戻すには研ぎを行う必要があります。研ぎ代は大変高額で工作費が別途必要になってきます。また、錆びの中でも黒色の錆は深いため、研ぎで除去が難しい場合があります。また、刃こぼれを直す場合は、全体的な刀身姿のバランスを考え、刃こぼれの部分だけでなく、姿に違和感がないように研ぐため、結果として身幅が細る場合があるのです。

これ等を以て刀の良し悪しを総合的に判断し、刀剣の買い取り値段を決めていく訳です。