刃切れの刀に注意

古来より刃切れのある刀は無条件で取引をキャンセル出来ることは不文律の決まり事です。
要するに刃切れの刀は、その部分から折れると云われて来たためです。

では刃切れとは如何様なものであるかと云うことですが、それは、刃先から水平に地に向かい亀裂が入るものですが、一見では見落とす場合があります。
刃先から水平に細い筋状の白い線となって見える場合があります。長さは様々で肉眼では分からない位のものから、長く5mmも刃切れとなって現れるものもあります。
現れる場所も様々で、物打ち辺に出たり、区の近くで足り、また、一か所だけでなく数か所に出る場合もあります。

業者の交換会でも気付かずに出品し、ほかの業者の指摘で刃切れが分る場合もあるので、一般の人では気付くのが難しいでしょう。特にネットオークションを利用し購入される方は特に注意が必要です。

日本美術刀剣保存協会では、保存刀剣の審査では初めに刃切れの確認を行うなうようです。
刃切れのある物は全て不合格となるのです。

しかし、刀身に刃こぼれがあっても、それは問題にはなりません。
言い換えれば、不合格となった小さな刃切れのある刀は、その部分をちょっと欠いて刃こぼれにしてしまえば問題なしとなるのです。

世の中には刃切れの刀を見つけては買っている人がいるのです。
皆さんは真似をしないでください。

新規に拵の製作をお考えの方

お客様より、新規の拵製作のお問い合わせが御座います。

白鞘での所有から、打刀拵を作り飾りたいとお思いの方、また、軍刀拵に入った刀を持っているが、打刀拵を作ってもみたいとお思いの方がいらっしゃいます。

大概の方は、刀身があるので、拵の注文をすればいいと漠然と思ってらっしゃるでしょうが、色々あるのです。

まず、拵には最低でも必ず、鍔・縁・頭・目貫等の金具が必要となります。
これは、拵の工作とは別で、拵の製作をお願いするときには、金具を揃えて職方さんに渡します。

この金具によって拵全体の値段が大きく変動するのです。
鍔にしても、安い鉄鍔でよいのか、透かし鍔がよいのか、網代鍔のよなものがよいのか。高価な赤銅の鍔がよいのか等の判断が必要です。要するに、作ろうとする拵は鑑賞を目的とすものか、居合用の武具とすものか等を含め、どの程度の物にするかと云うことです。

ただ、安く着くりたいと思えば、縁・頭など無地の鉄材を使った拵になるでしょうが、鑑賞用ともなれば、縁・頭・目貫・鍔などデザインの揃った金具で統一することになり、金具を揃えるのも大変であり、高額となります。更に、揃えた金具がお客様の意向に沿うものか如何かもあります。
また、小柄や笄も揃えるとなると大変です。

拵を作ろうと思ったら、縁・頭・目貫・鍔をどの程度のものにするかを、明確にしておくことが大事となります。また、金具をご自分で揃えることが出来ればなお結構なことです。
また、予めご予算を決めておき、注文することも良いと思います。

刀工名を指定して刀を買う方法

刀剣の趣味も幅が広く、最上作・上々作を中心にお探しになる方、また、歴史上の有名な人物が所有していた刀、若しくは同じ刀匠が鍛えたものなど、刀工名で探しになることなどがあります。

刀剣販売店としては、お客様にご満足して頂けると自負出きる品を選んで揃えております。然しながら、すべてのお客様のニーズに合うものとまではいきません。

刀工を指定し、この刀が欲しいのですが、如何したら購入出来ますか?
と云うご質問が御座います。

一般的な商品は工場で製造され、卸業者に集まり、小売店に並ぶという流れになるでしょう。
刀の場合は、こうした物流のように、卸業者の所に全国ら刀が集まるようなことはありません。

刀の仕入れは、業者が集まる市場で取引されますが、そこには全ての刀工の刀が集まるわけではありません。
作刀数の多い刀工は残された作品は多いですが、作刀数が少ない刀工の作品は自ずと少なくなります。
刀剣は過去に作られたもので、それらは全国各地の人手に渡り大切に所有されています。 その中から、ご不要となったものを刀剣店が買取させて頂いております。 所謂、買取が刀剣店の主な仕入れになるわけです。

刀剣業者の市場での仕入れとは、自店の商品の入れ替えのため、自店のお客に向かなくなったものを出し、別のものと取り換えることです。 所謂、交換会と呼ばれていいる取引です。従って全ての刀工の刀が市場に並ぶわけではありませんし、欲しい刀工の刀が手に入るとは限りません。

こうした事情により、お客様には、店の在庫の中から選んで頂くようになるわけで、刀工名を指定したご注文への対応は難しいことになります。

刀工名を指定してのお探しの場合は、先ずはインターネットで刀工銘を検索し探すのが一番ではないでしょうか。 あとは、直接刀剣販売店に電話して在庫の確認をして頂くことが探す方法でしょう。 店主は刀好きな人が多いですから、個人で持っている場合もあるでしょう。お願いしてみるのも一つの方法です。

銃砲刀剣類登録証の内容に誤り

刀を買った後、所有者変更届け出を行おうとよく登録証を見たら、登録証の記載が現物と違っている部分がある、と云う経験をお持ちの方は居るのではないでしょうか。

銃砲刀剣類登録証の中には、現物に合わせて改竄した違法なものがありますが、それとは別に、当初より登録証が現物と違う箇所のあるものが屡々見受けられます。
所謂、記載ミスのある登録証です。

例えば、銘文の中で一文字が違っている、また、年紀の年数が違っている等、漢字の誤字があります。
記載ミスに気付いたにしても、そのままの内容で所有者変更届出を行っていれば教育委員会でも分かりません。
しかし、何時か、気付いた誰かが何とかしなくてはなりません。

こうした場合の対処方法は、登録証に記載の教育委員会へ申し立てを行い訂正をすることです。

申し立てを行うと、東京都の例では、教育庁から銃砲刀剣類登録証鑑定申請等の送付についての連絡があり、鑑定申請書・銃砲刀剣類確認申立書等の書類を送付してきます。

手続き方法
1、送付された書類を作成し、教育委員会まで提出します。
2、書類が教育委員会に届いたら、審査会の案内が出されますから、審査会場で審査を受けます。
3、審査では銃砲刀剣類のデータを採取し、そのデータを原票の記録と照合し、どのような処理を行うか決定します。
4、基本事項がすべて一致し、銘文の記入の誤りであったことが確認できたときは、無料で訂正の処理を行います。

採取する基本データとは、長さ・反り・目くぎ穴・銘文であり、その他、刃紋・地金・製作年代・中心が生なのか磨り上げか、更に、登録時の外装が白鞘であったか、どんな拵であったか等が基本事項となります。

以前は、登録証の記載ミスであっても、登録証の再交付には交付手数料を徴収すると云った不条理なことが行われ涙を呑む経験した方もいると思いますが、最近ではそこのところは改善されてきたようです。

登録証裏面訂正し交付された登録証は、記入ミスのあった部分のみを訂正して、登録記号番号や交付年月日は変更することなく、裏面に訂正の朱印を押印します。

刀の値段のお問い合わせ

よくご質問を頂く中に、「家族の遺品の中から刀が出てきたのですが、この刀の値段はどれ位するのでしょうか。」と云う内容がのお問い合わせが多く御座います。
お話の内容では、錆が少しありますと云う事が大多数です。

日本刀は全て高価な物というイメージがありますが、事実、高価なものも多くあります。
ですが、それらの刀身は研磨されて美術品として評価されています。

刀の評価は、研ぎ上がった状態の物でないと難しく、錆が発生していれば、そこが小さくても黒い錆の場合は深く朽ち込んでいることが考えられ、また、錆の部分に傷が隠れている場合もあります。
研ぎにかけたら傷が出たとか、朽ち込みを取ると、その部分をかなり凹ますようになことにもなりかねません評価もかなり低くなります。
したがって、程度にもよりますが、錆が出ていると唖然とするような厳しい評価にならざるお得ません。
刀を研いでも、研ぎ賃にもならない事もあるのです。

刀の研ぎは一寸(約3cm)あたり8,000円位はしますし、当然、白鞘も新規に作る事にもなります。
また、銘があれば正真であることが前提です。鑑定書が付いている場合でも、鑑定書によっては評価が変わる場合があります。

更に、刀の身幅や重ねの状態で、数打物であるか、研ぎ減りがあるのか、また、刃紋によっても直刃や乱刃の違いでも大きく異なってきます。

そこで、現物を拝見させて頂くことが大事となるわけです。

お話だけでの評価には大きなズレが生じる場合があることをご承知して頂きたいと思います。